2008.03.16

リニューアルしました

ちょっとばかりリニューアル。
サイトタイトルも変更しました。

よく、「あの人、センスがいい」とか、「センスが悪い」とか、いいますよね。

この「センス」を辞書でひいてい見ると
『物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る働き。感覚。また、それが具体的に表現されたもの。』
とあります。

なんだか、ピンときません。


私は、「センス」とは、
「結果を予見できる力、能力」
のことだと思っています。

こうすれば、こうなる。
こう行動すれば、こういう結果になる。
こう表現すれば、こういう評価を受ける。

そういったことを 無意識・無自覚に(そうでない場合もあるでしょうが)予見して、
自分にとってプラスになるような選択ができること
それを「センスがよい」というのだと思います。

センス。
「悪い」よりは、やっぱり「良く」ありたいですよね。

では、どうすれば「センスを良く」することができるのでしょうか。

マインドの面では、
「優れたセンスの言葉に触れ、感動・感銘すること」
ではないか、と 私は、考えています。

そして、
「優れたセンスの言葉」は、
気がつきさえすれば、ちまたに たくさんころがって(?)います。
人の営みがあるところに、かならず存在しています。
そして、
それは、書籍の中にも、散見することができます。


そこで、
どの程度、みなさんの参考になるのかはわかりませんが、
わたしが、感動・感銘した「優れたセンスの言葉」を
このサイトで紹介していこうかなと考えています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.05.06

それでは、306冊目からスタート

過去のエントリーを整理していたら、254冊目が重複していたことが判明。
実際には、305冊までエントリーしていたんですな。

ということで、306冊目からスタートしちゃいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.25

【330冊目】夏への扉

書籍情報
4150103453夏への扉
ロバート・A・ハインライン (著), 福島 正実 (著)

出版社:早川書房 (1979/05)
ISBN-10: 4150103453
ISBN-13: 978-4150103453
オススメ度 ★★★★☆
問答無用の名作!



ほんのツブヤキ
苦手な冬に、夏へ通じる扉を探す・・・

タイムスリップもののSF。
ストーリが巧みで、SFといよりは、ドラマって感じで読めました。


管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲


peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.01

あけましておめでとうございます

あけちゃいましたねぇ。
本年もよろしくお願いいたします。

正直な話、
昨年は、かなり意図的にサボりまくった年でした。
これはこれで、結構貴重な経験でした。

今年は、ちょっとがんばりますよ。

ええ、いろいろと。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.08

久しぶり

すっごい久しぶりのエントリーです。

中国に出張したり、
中国に出張したり、
子供が風邪ひいたり、
中国に出張したり、
学童保育の役員になっちゃったり、
で、かなり、めまぐるしかったもので・・・・。

さて、
今年もあとわずか。
せめて、今年いっぱいは、毎日エントリーしたいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.01

「コーチの森」 メルマガ発行!!

コーチングのポータルサイト『コーチの森』を運営されている内海さんが、メルマガを発行することになりました。

  登録、解除のページはこちらです。
   http://www.mag2.com/m/0000190405.html

『コーチの森』は、コーチングの情報をお届けする日本初のコーチ、コーチングのポータルサイトです。
昨年11月にオープン以後、どんどん成長しているサイトで、コーチングサイト、ブログ、メルマガの情報量は370件以上になっています。

コーチングを受けたい。
コーチングを学びたい。
コーチを探している。
コーチになりたい。

そんな、あなたに オススメです。

  登録、解除のページはこちらです。
   http://www.mag2.com/m/0000190405.html

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.03.07

コア・トランスフォーメーションセミナー

3月4日(土)~5日(日)の2日間、山崎啓支NLPトレーナー&菊池和郎NLPトレーナーによる「コア・トランスフォーメーション」のセミナーに参加してきました。

はじめて、このセミナーの案内が来たとき、わけもわからず、これは受けなきゃと思い、すぐに申し込み。

どのくらい、わけがわからなかったのかというと、何のセミナーなのかも分かってなかったくらい(^^;
「コア・トランスフォーメーション」というセミナーだと知ったのも3月になってから。(^^;;
セミナー当日も、「コア・トランスフォーメーション」って何?という按配。

なので、自己紹介で、「このセミナーを受けようと思った経緯」を話すのはちょっと戸惑いました。(しかも、トップバッターだったし・・・。)

で、セミナーの感想はというと、
ええっと・・・・、言葉にできません・・・・。

「大変すばらしかった。」
「参加してよかった。」
「しんじられない内容のセミナーだった。」

これ以外の言葉、見つからないなぁ。
何を書いても、嘘になりそうで・・・。

とにかく、私にとって このセミナーは、多くの「偶然」が重なってくれたおかげで、受講できたセミナーでした。
会社の仕事ひとつとっても、3日間、ほとんど寝ていないような状況でしたし、
宿泊先も、ここが、なんでこんなタイミングで、予約できたりしたんだろう、というような感じだったし。
なんか、受講するのが「必然」だったのかもしれません。

・・・・いえ、
「だったかも」ではなく、「間違いなく」「必然」だったのでしょう。

私の人生が動き出す。
私の人生が回りだす。

そんな実感に包まれています。

今日も、コアが語りかけてくれるのが分かります。
コアに守られているのを感じます。

感謝の念で、心が、いっぱいです。

山崎トレーナー、菊池トレーナー、有楽斎さん、メセニさん、それから、参加された皆さん、本当にありがとうございました。

来年も、第二回目のセミナーが開催されるとのこと。
私も今から、予約させてもらいます。

NLPラーニングのウェブサイト
http://www.nlplearning.jp/index.html

菊池和郎氏のウェブサイト
http://coach.jugem.cc/

ありがとう血盟
http://arigato-ketsumei.cocolog-nifty.com/

本セミナーを主催されたマリーロータス
http://www.marylotus.com/

| | Comments (3) | TrackBack (7)

2006.01.22

300人ビジネスコーチング

先日、楽しみながら♪ズバ抜ける! 菊池トレーナーの300人ビジネスコーチングを受講させていただきました。

昨年3月 ありがとう血盟主催の菊池さんのセミナーを受講させていただいた関係で、菊池さんの人となりは、十分わかっていたので、安心してコーチングに身をまかすことができました。

間違いなく価値ある体験ができる、とは、確信していたのですが、
実際、予想していたよりも、はるかに大きな価値ある体験をさせていただくことができました。

なにしろ、コーチング終了後、目の前に見えていたものが、
見えているものは同じなんですが、
見え方が、全然違うふうに
(なんだか、前より、ちょっと輝いて見える)
感じたのです。
なんだか、ちょっとスッキリした感じ、心が洗われたような感じです。

漠としていた目標も、はっきり、スッキリし、
思いも熱く燃え上がってまいりました!

今年も一年、がんばるぞ!

菊池さん、本当にありがとうございました。


******************************

300人ビジネスコーチングは、まだ、募集中とのことです。

興味のある方は、ぜひ 受講されることを お勧めします。
(なんと 無料 です。)

お申し込みは、こちらから。

******************************

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.05

あけましておめでとうございます。


昨年末、ブログの更新が失速してしまいましたが、
まだまだ、死んでいませんよ~~~。(笑)
・・・・まあ、ちょっと弱ってはいましたが。

昨年、後半から、また、なかなか休みがとりにくくなり、
クリスマス以降、休めたのは、1月1日と3日だけでしたので、
個人的には、
年は、くれてもなければ、あけてもない、って感じです。(笑)
・・・・・年賀状すら、まだ、書けてない。

まあ、なにはともあれ、
本年も、よろしくお願いいたします。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005.10.21

人の器

脱OL!幸せな経済自由人への階段の10月13日のエントリーより、

「器の大きさ」とは、
「受け入れようとする心の大きさ」

なるほど、です。
器は大きくありたいと思いますね。


| | Comments (1) | TrackBack (4)

より以前の記事一覧