2006.01.29

日経ビジネス 2006.01.30 誰も言わない食の危機 満腹ニッポンの油断

日経ビジネスから、流嶺が、気になった記事をピックアップ。

◆p1
 有訓無訓 神田捷夫 京急百貨店相談役

 子供さんはメディア。ポケットは持っていませんが、欲しいものがあればお爺ちゃん、お婆ちゃんを引っ張ってくる力がありますもの。

◆p31~
 誰も言わない食の危機

 本当に突然、来るものなんだよ。食の危機というのは。
 
◆p106~109
 テレビ・ウォーズ
 大橋巨泉 革命家の嘆き

 「勝ち組とか金持ちとかインテリがテレビを見なくなっただけなんですよ。負け組、貧乏人、それから程度の低い人が見ているんです。」
 「タダでいいものが見られるはずがない。大衆を追うと、最大公約数の内容になるから。」

◆p112~114
 技術フロンティア
 花粉対策スプレー

 衣服や干した布団などにスプレーする花粉対策用品を花王が販売。
 つらいのは意外にも家庭内で家事をしている時。

◆p126~128
 編集長インタビュー
 重光昭夫 千葉ロッテマリーンズオーナー代行

 戦力補強は経営から

>>興味が出てきた方は、実際に日経ビジネスをお読みくださいマセ。




管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.22

日経ビジネス 2006.01.23 それでも中国で作りますか?

日経ビジネスから、流嶺が、気になった記事をピックアップ。

◆p1
 有訓無訓 藤原秀次郎 シマムラ会長

 専門家が大変だということに限って、自分でやってみれば意外に簡単なものです。

◆p32~
 それでも中国で作りますか?

 「世界の工場」は、大競争時代に突入し、生き残り戦争が始まった。
 
 勝ち抜くための条件
 ① 省人化が視野に入っていますか?
 ② 付加価値取り込みに貪欲ですか?
 ③ 「頭脳」まで移植できますか?
 ④ 腹くくって現地化してますか?


◆p60~
 地場力で稼ぐ
 太陽化学
  飽食の先を読む開発魂

 緑茶の成分で注目を集めるカテキンやテアニンの製造で世界首位。

◆p105~107
 テレビ・ウォーズ
 手塚治虫 アニメに憑かれた天才

◆p110~112
 技術フロンティア
 「世界で一つ」の服が簡単に

 市販のプリンターを使い、思い通りの柄やデザインの衣服を作製する技術。

◆p130~131
 社員のランク付けが組織力を弱める
 成果主義に悩む米国企業

 ドレーク大学スティーブ・スカレン助教授によると、下位5%または10%の解雇を含む強制的ランク付け制度は、16%の生産性向上という大きな効果を生む。だが、それがもつのは最初の2年間だけで、3年目、4年目は生産性の改善が6%程度に落ち込み、10年でほぼゼロになる。

>>興味が出てきた方は、実際に日経ビジネスをお読みくださいマセ。




管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.24

日経ビジネス 2005.07.25 GE世界最強の秘密より

日経ビジネスから、流嶺が、気になった記事をピックアップ。

◆p6
アスベスト、空前の大公害事件へ

◆p36
 ジェフ・R・イメルト GE会長兼CEO
 「GEは昨日のことを考えないで、前進のために、伝統を壊していきます。」

◆p55~
 成長を阻む「3つの罠」
 ①1・3の法則に従い、原理原則を変えよ
 ②使い手が理念を忘れ、強みが弱みに転じる。
 ③価値を提供する企業がいつの間にか「お客様」に

◆p146~148
 鬱病、対人恐怖症・・・急成長の歪みが噴出
 インドIT界を覆う心の病


>>興味が出てきた方は、実際に日経ビジネスをお読みくださいマセ。




管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)