« May 2007 | Main

2008.03.25

計画作成はリハーサルのようなものだ
【335冊目】ワン・ミニッツ・ミリオネア

成功を収めるためには、
目標をたて、
その目標を達成したイメージをはっきりと持つことが大切。

そして、
計画とは、目標に数値や日程を加えたものだから、
目標以上に実現したい成功が具現化されたものになる。

だから、
計画を作成することは、
成功を収めるためのリハーサルをすることと同じ。


一流の役者は、
本番までのリハーサルに全力を注ぐという。


成功を掴みたいのなら、
リハーサルに手を抜いてはならない。

目標が具現化された
しっかりとした計画を作成しよう。






ロバート・アレン: ワン・ミニッツ・ミリオネア――お金持ちになれる1分間の魔法

ロバート・アレン: ワン・ミニッツ・ミリオネア――お金持ちになれる1分間の魔法


億万長者たちが持っている思考の枠組みをきちんと理解し、アイデアを得、実践するために必要な情熱を得るまでのあらゆる情報が網羅された、バランスの良い1冊


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.24

全ての失敗のうち94%は、人ではなくシステムが誤っていたものだ
【335冊目】ワン・ミニッツ・ミリオネア

人は失敗したとき、
その失敗を犯した人の技量や能力に問題があったと考えがちになる。

たしかに、それが原因である場合もあるだろう。

でも、
その失敗が、何度も繰り返される場合には、
その失敗の原因の本質は、人ではなく、システムにある。

人がちゃんと仕事をしなかったから、失敗を招いたのではなく
その仕事をさせるためのシステムが間違っているのだ。

全ての失敗のうち94%は、人ではなくシステムが誤っている。

失敗したときは、
システムを見直すように。






ロバート・アレン: ワン・ミニッツ・ミリオネア――お金持ちになれる1分間の魔法

ロバート・アレン: ワン・ミニッツ・ミリオネア――お金持ちになれる1分間の魔法


億万長者たちが持っている思考の枠組みをきちんと理解し、アイデアを得、実践するために必要な情熱を得るまでのあらゆる情報が網羅された、バランスの良い1冊

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.23

人間を行動に駆り立てるのは感情だ
【335冊目】ワン・ミニッツ・ミリオネア

司馬遼太郎さん曰く、
時代が動くときには、
まず、思想家がでて、
次ぎに、革命家が、
最後に、技術者が登場するものなそうです。

たとえば、
奇跡とも思える明治維新では、
一例として、長州に焦点をあててみると
まず、思想家:吉田松陰がでて、
次ぎに革命家:高杉晋作が、
最後に技術者:大村益次郎がでました。


その思想家:吉田松陰は、こう言っています。
時代を動かすのは「狂」。
「狂っているがごとき思い。」

そして、
そんな吉田松陰の考え、教えに感動し、共感した高杉晋作たちが、幕末という時代を転回させていきました。


人は、理屈だけでは動きません。

人を行動に駆り立てるのは、感情です。
人を行動に駆り立てるのは、感動です。


だからこそ、
成功したのであれば、
人が、感動するポリシーを持とう。

人が感動するくらい、
激しく、
狂ったがごとく
そのポリシーを邁進しよう。







ロバート・アレン: ワン・ミニッツ・ミリオネア――お金持ちになれる1分間の魔法

ロバート・アレン: ワン・ミニッツ・ミリオネア――お金持ちになれる1分間の魔法


億万長者たちが持っている思考の枠組みをきちんと理解し、アイデアを得、実践するために必要な情熱を得るまでのあらゆる情報が網羅された、バランスの良い1冊

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.22

人間が100%生きているとき仕事は楽しい
【334冊目】なぜ、予想は裏切られたのか 「こだわり消費」のマーケティング

人間が100%生きているとき仕事は楽しい。
人間が100%生きていなければ、いい仕事などできない。

だから、サラリーマンが、いい仕事をするのは、なかなか困難かもしれない。

仕組みに縛られたサラリーマンは、なかなか100%生きるのは難しい。

仕組みに使われているうちは、到底無理。

仕組みを使う工夫をしないと、100%生きることは難しい。
仕組みを使う工夫をしないと、いい仕事などできない。






夏目 幸明: なぜ、予想は裏切られたのか 「こだわり消費」のマーケティング

夏目 幸明: なぜ、予想は裏切られたのか 「こだわり消費」のマーケティング
「450gもある『男前豆腐』が売れる理由は」「『ケータイ』、今や大きい方が売れるのはなぜ」など、「市場に何が起きているのか」を鋭く考察

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.21

空振りするときは、思い切り空振りしろ
【334冊目】なぜ、予想は裏切られたのか 「こだわり消費」のマーケティング

空振りするときは、思い切り空振りしろ。
キリンビール 商品開発部長 佐藤氏のことば。


空振りするときは、思い切り空振りする。

このとき大切なのは、自分のスイングをしっかりすること。
泳がされるでなく
崩されるではなく
自分の軸をしっかりと
自分のスイングをすること

それは、
結果的に
ボールを追いかけるスイングよりも、
バットとボールの間が開いてしまって
とってもかっこ悪いことになるかもしれない。

だけど
自分のスイングができていれば、
次は、
修正することができる。






夏目 幸明: なぜ、予想は裏切られたのか 「こだわり消費」のマーケティング

夏目 幸明: なぜ、予想は裏切られたのか 「こだわり消費」のマーケティング
「450gもある『男前豆腐』が売れる理由は」「『ケータイ』、今や大きい方が売れるのはなぜ」など、「市場に何が起きているのか」を鋭く考察

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.20

みんながやっている努力は効率が悪い
【334冊目】なぜ、予想は裏切られたのか 「こだわり消費」のマーケティング

なにかに抜きん出ようと努力するなら、
みんなと同じ努力をしたところで効率が悪い。

同じ努力をしたところで、
同じような結果がでるだけで、
差別化なんて、とてもできやしない。

同じことをするのなら、
みんなと違う時間に活動したり、

同じ時間に活動するのなら、
みんなとは、何か違ったことをするといい。

みんながやっている努力は、効率が悪い。





夏目 幸明: なぜ、予想は裏切られたのか 「こだわり消費」のマーケティング

夏目 幸明: なぜ、予想は裏切られたのか 「こだわり消費」のマーケティング
「450gもある『男前豆腐』が売れる理由は」「『ケータイ』、今や大きい方が売れるのはなぜ」など、「市場に何が起きているのか」を鋭く考察

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.19

志がある人間というのは、馬鹿らしい制度など無視するもの
トム・ピーターズの起死回生【333冊目】


ビジネスをやっていると、
サラリーマンをやっていると、
とかく
馬鹿らしい制度や、
あほらしいマネジメントが、
とても大きな障害に感じるときがある。

もちろん、
その障害は、
他人が制定した仕組みなのだけれども、
意外と
知らないうちに、
自分自身で作ってしまっていることも、
かなり、ある。

だから、
あなたが賢い人ならば、
あなたが志のある人間ならば、
馬鹿らしい制度や、
あほらしいマネジメントなんか、
無視してしまおう。


なにせ、
人は、
あきらめる理由を、
とかく見つけてしまいたくなる生物だから。

それが理由で、
活動を停滞させてしまうのは、
活動しなくなってしまうのは、
それこそ、ほんとバカらしい。

熱いパッションで、
強い志で、
前に進もう。






トム ピーターズ: トム・ピーターズの起死回生

トム ピーターズ: トム・ピーターズの起死回生
経営危機を突破する究極のイノベーションとは? マンモス企業にも、社員ヒトケタの小さな部署にも当てはまる経営のヒントの集大成。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.18

ビジネスとは心だ。
トム・ピーターズの起死回生【333冊目】


あなたは、あなたが考えているような あなたではない。
おそらく。

でも、
あなたが考えていることは、あなたそのもの。
間違いなく。

ビジネスも同じ。

テクニックに頼ってしまいがちになるけれど、
結局のところ、
ビジネスも人と人との繋がりの賜物。

「ビジネスとは心だ」
なのです。






トム ピーターズ: トム・ピーターズの起死回生

トム ピーターズ: トム・ピーターズの起死回生
経営危機を突破する究極のイノベーションとは? マンモス企業にも、社員ヒトケタの小さな部署にも当てはまる経営のヒントの集大成。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.17

成功したいのなら失敗するしかない。
トム・ピーターズの起死回生【333冊目】

「成功したいのなら、失敗するしかない。」


水素なら、1個、リチウムなら、3個、陽子の周りを電子が回っている、あの太陽の周りを惑星が公転しているのを表したのに似ている図を考案したノーベル賞受賞で化学者のボーア博士も、こんなことを言っていたとおもいます。

「専門家とは、だれよりもその分野で失敗した数が多い人のことをいう。」

その道で、成功したいのなら、
その道の専門家になりたいのなら、
誰よりも、多く失敗しよう。

・・・でも、ただ単に失敗を重ねるだけじゃだめだよ。

ただひたすらに失敗を繰り返すだけの人は、
「成功の予備軍」や「専門家のかけだし」ではなく、
単なる『トラブルメーカー』


振り返ってばかりでもいけないけれど、
かならず失敗の本質は感じるようにしましょうね。

これ大事。





トム ピーターズ: トム・ピーターズの起死回生

トム ピーターズ: トム・ピーターズの起死回生
経営危機を突破する究極のイノベーションとは? マンモス企業にも、社員ヒトケタの小さな部署にも当てはまる経営のヒントの集大成。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.16

力は心の持ちよう。無力は心の持ちよう。
トム・ピーターズの起死回生【333冊目】

自分自身に 妙に活力を感じるときがある。

逆に
自分自身が、とっても無力に感じるときがある。

活力を感じるときと、
無力をかんじるとき、
たしかに 自分自身の力に違いはあるのだろう。

でも、
所詮は、自分自身の範疇での違い。

活力を感じるときと、
無力をかんじるとき、
たいして、自分自身に違いはない。


ようは、
「やるか、やらないか。」

結局は
「やるか、やらないか。」


無力を感じたときにでも、
自分自身を信頼して、
前に進もうとする気概を

無力を感じたときにも、
不確定な未来に自信を委ねられる
わずかな勇気を

大切にしたい。


トム ピーターズ: トム・ピーターズの起死回生
トム ピーターズ: トム・ピーターズの起死回生
経営危機を突破する究極のイノベーションとは? マンモス企業にも、社員ヒトケタの小さな部署にも当てはまる経営のヒントの集大成。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リニューアルしました

ちょっとばかりリニューアル。
サイトタイトルも変更しました。

よく、「あの人、センスがいい」とか、「センスが悪い」とか、いいますよね。

この「センス」を辞書でひいてい見ると
『物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る働き。感覚。また、それが具体的に表現されたもの。』
とあります。

なんだか、ピンときません。


私は、「センス」とは、
「結果を予見できる力、能力」
のことだと思っています。

こうすれば、こうなる。
こう行動すれば、こういう結果になる。
こう表現すれば、こういう評価を受ける。

そういったことを 無意識・無自覚に(そうでない場合もあるでしょうが)予見して、
自分にとってプラスになるような選択ができること
それを「センスがよい」というのだと思います。

センス。
「悪い」よりは、やっぱり「良く」ありたいですよね。

では、どうすれば「センスを良く」することができるのでしょうか。

マインドの面では、
「優れたセンスの言葉に触れ、感動・感銘すること」
ではないか、と 私は、考えています。

そして、
「優れたセンスの言葉」は、
気がつきさえすれば、ちまたに たくさんころがって(?)います。
人の営みがあるところに、かならず存在しています。
そして、
それは、書籍の中にも、散見することができます。


そこで、
どの程度、みなさんの参考になるのかはわかりませんが、
わたしが、感動・感銘した「優れたセンスの言葉」を
このサイトで紹介していこうかなと考えています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main