« ビジネスとは心だ。
トム・ピーターズの起死回生【333冊目】
| Main | みんながやっている努力は効率が悪い
【334冊目】なぜ、予想は裏切られたのか 「こだわり消費」のマーケティング »

2008.03.19

志がある人間というのは、馬鹿らしい制度など無視するもの
トム・ピーターズの起死回生【333冊目】


ビジネスをやっていると、
サラリーマンをやっていると、
とかく
馬鹿らしい制度や、
あほらしいマネジメントが、
とても大きな障害に感じるときがある。

もちろん、
その障害は、
他人が制定した仕組みなのだけれども、
意外と
知らないうちに、
自分自身で作ってしまっていることも、
かなり、ある。

だから、
あなたが賢い人ならば、
あなたが志のある人間ならば、
馬鹿らしい制度や、
あほらしいマネジメントなんか、
無視してしまおう。


なにせ、
人は、
あきらめる理由を、
とかく見つけてしまいたくなる生物だから。

それが理由で、
活動を停滞させてしまうのは、
活動しなくなってしまうのは、
それこそ、ほんとバカらしい。

熱いパッションで、
強い志で、
前に進もう。






トム ピーターズ: トム・ピーターズの起死回生

トム ピーターズ: トム・ピーターズの起死回生
経営危機を突破する究極のイノベーションとは? マンモス企業にも、社員ヒトケタの小さな部署にも当てはまる経営のヒントの集大成。


|

« ビジネスとは心だ。
トム・ピーターズの起死回生【333冊目】
| Main | みんながやっている努力は効率が悪い
【334冊目】なぜ、予想は裏切られたのか 「こだわり消費」のマーケティング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10912/40553433

Listed below are links to weblogs that reference 志がある人間というのは、馬鹿らしい制度など無視するもの
トム・ピーターズの起死回生【333冊目】
:

« ビジネスとは心だ。
トム・ピーターズの起死回生【333冊目】
| Main | みんながやっている努力は効率が悪い
【334冊目】なぜ、予想は裏切られたのか 「こだわり消費」のマーケティング »