« 【320冊目】破壊と創造のサイバー資本主義 | Main | 【322冊目】日本史の法則―明日を予見する歴史の読み方 »

2007.01.16

【321冊目】人生に必要な荷物 いらない荷物

書籍情報
人生に必要な荷物 いらない荷物
リチャード・J. ライダー (著)
ディビッド・A. サピーロ (原著)
枝廣 淳子 (著)

出版社: サンマーク出版 (1995/11)
ISBN-10: 4763191349
ISBN-13: 978-4763191342

オススメ度 ★★★★★
何が本当に大切なのだろうか。

ほんのツブヤキ

最後におなかの底から笑ったのは、いつのことだったろうか。

いい人生とはプロセスであって、状態ではない。方向であって、目的地ではない。<カールロジャース>
幸せに変化をもたらす人生の条件は、社会的関係・仕事・遊びという三つの領域をカバーするものである。これらの領域において、満足できる状態を築けるかどうかは、絶対的な富にも相対的な富にも、ほとんど関係がない。

仕事の目的は、「お金を設けること」ではなく、自分のもっとも深い信念やもっとも強い感情と調和を保つような存在を確保することである。

才能とは、私たち一人ひとりのなかにあって、発見(もしくは再発見)され、表現されるのをいつも待ち望んでいるエネルギー源である。

思いきって外に出ていくには、不安がつきまとう。しかし、思いきって外に出ていかなければ、自分を失う。

目的とは発明すべきものではない。見出すものなのだ。意識しているかどうかにかかわらず、目的はすでにそこに存在している。

「荒野とは--精神的に必要なものであり、現代生活の強いプレッシャーの影にあるひそかなエピソードであり、静穏と均衡を取り戻すための手段である。」(シガート・オールソン)

「リスニング・ポイントは、地球の声がはっきりと聞こえる場所である。そこへ行って耳を傾けてごらんなさい。いったん地球の声が聞こえれば、どこにいようとあなたは地球に届くことができる」(フレデディック・レアマン「秘密の風景」)

生きているという感覚を追求することが人生の意味である。生きている感覚は、心や体、感情、魂などさまざまな部分で、自分の極限を探索することから生じてくる。

人が老いる--いきいきした感覚を失ってしまう--理由のひとつは、自分がもっているすべてのものの重さに押しつぶされてしまうためだ。

映画「スタートレック」は前提してから間違っている。最後のフロンティアは「宇宙」ではない。「人生」なのだ。

未知なる訪問者を自分たちの人生に招き入れる姿を見れば、彼らが人生の本当の秘密を理解していることが分かった。その秘密とは、「プロセスがすべて」ということである。

賢明なる人は自らを見いだすために、旅する。(ジェームズ・ラッセル・ローウェル)


管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲


peko

|

« 【320冊目】破壊と創造のサイバー資本主義 | Main | 【322冊目】日本史の法則―明日を予見する歴史の読み方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10912/15289217

Listed below are links to weblogs that reference 【321冊目】人生に必要な荷物 いらない荷物:

« 【320冊目】破壊と創造のサイバー資本主義 | Main | 【322冊目】日本史の法則―明日を予見する歴史の読み方 »