« April 2006 | Main | January 2007 »

2006.11.10

【304冊目】30歳からの成長戦略 「ほんとうの仕事術」を学ぼう

書籍情報
456964034630歳からの成長戦略 「ほんとうの仕事術」を学ぼう
山本 真司 (著)

出版社: PHP研究所 (2004/12/23)
ASIN: 4569640346
オススメ度 ★★★★☆
ビジネス・スキルを身につけておかないと「負け組」になってしまう――そんな不安を感じているひとに



ほんのツブヤキ
大事なのは手足を動かすことではない。
その前に自分の頭で戦略を考えなさい。

情報は、秘密性が高いほど価値がある。
昔は、たとえ その秘密が漏れたとしても、その情報が拡散するのにも一定の時間が必要だった。

しかし、インターネットが普及した現代では、情報の拡散は一瞬。
漏れた情報は、あっという間に拡散し、大衆化してしまう。

ビジネススキルについても同じ。
効果があるということで、はやり始めたスキルは、あっという間に拡散し、大衆化してしまう。

大衆化したビジネススキルだけでは、もはや勝負にならない。
大衆化したスキルは、もはや武器ではないのだ。

では、私たちは、どう対処していけばいいのか。

山本さんは、実力派天邪鬼になりなさい、という。
「人気がないもの*好きなもの」で差別化し、
新しい分野を真剣に勉強するのがベストだと。

そのためには、そう、たとえば、こんな小さなことからはじめてみるといい。
本屋に行き、その本屋の「人気のないコーナー」に行ってみる。
そして、そのコーナーで、自分の好きな傾向の本を探し出し、その本に関することを徹底敵意勉強してみるのだ。

差別化を目指し、戦略的に読む本を選んでいけば、読書は、あなたにとって、強力な武器になる。


<幸せな成功をつかむためのヒント>
覚悟のある人は、かっこいい。




30歳からの成長戦略 「ほんとうの仕事術」を学ぼう 、山本 真司さんに興味をもたれた方 管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲


peko

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.11.09

【303冊目】覚悟の法則

書籍情報
>4569544002覚悟の法則―自分の人生は自分で決める
弘兼 憲史 (著)

出版社: PHP研究所 (1994/06)
ASIN: 4569544002
オススメ度 ★★★
君を一回り大きくする成功の条件とは



ほんのツブヤキ
覚悟のある人は、かっこいい。
宮本武蔵、
上泉信綱、
柳生宗厳。
かっこいい。

高杉晋作、
坂本竜馬、
土方歳三。
かっこいい。

真田幸村
竹中半兵衛
前田慶次郎
かっこいい。

とっても不謹慎かもしれないけれど、
特攻隊として、この国のために戦い、散っていった人も、
かっこいい。

なにが、彼らを「かっこよく」しているか。

それは、きっと「覚悟」だと思う。

彼らの覚悟が、
自分の人生をかけたものだったから、
自分の魂をかけた覚悟だったから。

その覚悟が、
国のためでも、
恋人のためでも、
自分のヒロイズムのためだっていいと思う。

本当の覚悟のある人は、
真実、かっこいい。


<幸せな成功をつかむためのヒント>
覚悟のある人は、かっこいい。




覚悟の法則―自分の人生は自分で決める 、弘兼 憲史さんに興味をもたれた方 管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲


peko


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.08

【302冊目】ブレイクスルー

書籍情報
ブレイクスルー
日比野 省三 (著), 梶原 拓 (著)

出版社: 講談社 (1993/11)
ASIN: 4061972715
オススメ度 ★★★
ブレイクスルー思考とは?



ほんのツブヤキ
ブレイクスルー思考とは、
全体から部分への展開統合思想

本書は、ブレイクスルー思考の実践で始まった、岐阜「夢おこし」県政が描く壮大な未来図と、実際の思考展開の手順をわかりやすく解説した一冊。
一昔まえの著書ですので、その後の岐阜県の歩んだ道と会い照らしながら読むと また、別の意味で面白いかも。(最近お騒がせしてしまいましたし。)

わたしのヒラメキ


質問は、「何のために」から、始める。「なぜ」から始めない。

なんでだろ?
と考えることは、問題解決の初歩の初歩。
でも、
なんでだろ?
何でだろ?
と考えているうちに袋小路に入り込んでしまったり、
そのそもの問題点がぼやけてきてしまうってことは、凡人には、よくありがちなこと。

何でだろ?
ナンデダロ?
と考えているうちに
動きが鈍くなり、思考機能が逆にフリーズしてしまうことも。

そんなときは、 質問を「なぜ?」から始めずに
「何のために?」から始めてみましょう。

別の視界が開けて、新たな思考の展開されてきますよ。


<幸せな成功をつかむためのヒント>
質問は、「何のために」から始める




ブレイクスルー 、日比野 省三さん, 梶原 拓さんに興味をもたれた方 管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲


peko


| | Comments (0) | TrackBack (0)

久しぶり

すっごい久しぶりのエントリーです。

中国に出張したり、
中国に出張したり、
子供が風邪ひいたり、
中国に出張したり、
学童保育の役員になっちゃったり、
で、かなり、めまぐるしかったもので・・・・。

さて、
今年もあとわずか。
せめて、今年いっぱいは、毎日エントリーしたいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | January 2007 »