« 【300冊目】戦争を知らない人のための靖国問題 | Main | 久しぶり »

2006.04.09

【301冊目】決断力

書籍情報
4047100080決断力
羽生 善治 (著)

出版社: 角川書店
ISBN: 4047100080
オススメ度 ★★★★★
勝負師はいかにして直観力を磨いているのか?



ほんのツブヤキ
「将棋を指すうえで、一番の決め手になるのは何か?」
と問われれば、私は、「決断力」と答えるであろう。

将棋界始まって以来の七冠達成を成し遂げた羽生 善治さんの著書。
将棋を通して語られる人生観は、ビジネスの世界でも十分応用が聞く話ばかり。
この本をよめば、「決断力」が身につく、というような本ではないです。
読みやすい文体で、「なるほど」と思えるところが多々ある本なのですが、全体を通してみると 将棋という勝負を通して、羽生さんが感じ取ってきた人間の本質というものが、静かな迫力を伴って迫ってくる、そんな感じのする本です。
GOOD。

わたしのヒラメキ


判断のための情報が増えるほど正しい決断ができるようになるかというと、必ずしもそうはいかない。
と羽生さんは言います。

決断とリスクはワンセット。
だから、判断のための情報が増えるということは、リスクに関する情報も増えるということ。
リスクに関する情報が増えれば、「怖れ」や「迷い」が生じます。

けれど、リスクを避けてばかりでは、何も始まらない。
次のステップにもならない。
何も始まらない。

それこそ、実は大きなリスクなのです。

だから、羽生さんは、いつもこのように自分に言い聞かせているそうです。
「積極的にリスクを負うことは、未来のリスクを最小限にする」と。

<幸せな成功をつかむためのヒント>
積極的にリスクを負うことは、未来のリスクを最小限にする




決断力、羽生 善治さんに興味をもたれた方 管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲


peko


|

« 【300冊目】戦争を知らない人のための靖国問題 | Main | 久しぶり »

Comments

はじめまして!
私も
人間は人との関りか読書以外では成長しないと有名な経営コンサルタントの方が仰っているのを聞いて読書に目覚めました。1000冊とは考えたことありませんでした。同世代、同じく理系ということでよろしくお願いします。

Posted by: じろう | 2006.11.05 at 07:45 PM

じろうさん
はじめまして。

久方ぶりに再開しました。

これからもよろしくお願いいたします

Posted by: 流嶺 | 2006.11.09 at 08:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10912/9513864

Listed below are links to weblogs that reference 【301冊目】決断力:

» 本に学べ [へいせいの賃貸!売買!]
私の以前勤めていた会社の社長さんは本をとにかく読んでいました。 私もその影響で本を読むようになりました。 少し前まではマンガすら読まなかったのに・・・・。 自分で言うのもなんですが、なかなかいいことだと思います。 今日は最近読んだ中でもっとも印象に残っ... [Read More]

Tracked on 2006.04.11 at 09:55 PM

» 決断力 [五臓六腑]
同じ釜の飯を食った仲間というか、食べさせて戴いた方々と久しぶりに飲んだ。 その時、話題にあがったのがこの本。 良書を薦めてくれる方々とそれを肴にして飲む酒。 最高の酒だった。そんな酒を飲める自分が本当に幸せだと思う。 決断力 羽生 善治 早速、新幹線での移動の際に、読んでみた。 (いつもは飲んだくれているのだが。。。。) 事前期待が非常に高く、ドキドキしながらページをめくる。 「ガーン」「ジーン」「マジ!」 なんと、「はじめに」を読んだだけでもういって... [Read More]

Tracked on 2006.04.25 at 09:50 PM

« 【300冊目】戦争を知らない人のための靖国問題 | Main | 久しぶり »