« 【295冊目】会社を辞めて幸せになる本 | Main | 【297冊目】千円札は拾うな. »

2006.04.04

【296冊目】博士の愛した数式

書籍情報
4101215235博士の愛した数式
小川 洋子

出版社: 新潮社
ISBN: 4101215235
オススメ度 ★★★★★
1990年芥川賞受賞作家の傑作



ほんのツブヤキ
80分間に限定された記憶、
そして江夏豊

事故で80分間しか記憶がもたなくなった老数学者と、彼の世話をすることとなった家政婦の母子とのふれあいを描いた作品です。
うまく表現できませんが、ほんわかしていていいんです。
この本。
そうだよなぁ。
人間って、「優しい」生き物なんだよなぁと 思ってしまいます。
ホッとしてしまいます。

わたしのヒラメキ



最近のベストセラー「国家の品格」の著者で数学者でもある藤原 正彦氏。
この藤原さんが、本書の主人公「博士」の原型のようですね。
藤原さんのもう一つの著書「祖国とは国語」に述べられている藤原さんと藤原さんの家族とのかかわり方、それがなんだか、本書の「博士」と「私」と「ルート」とのかかわり方と そっくりなんですもの。


<幸せな成功をつかむためのヒント>
πとiを掛け合わせた数でeを累乗し、1を足すと0になる。
「オイラーの公式」




博士の愛した数式、小川 洋子さんに興味をもたれた方 管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲


peko


|

« 【295冊目】会社を辞めて幸せになる本 | Main | 【297冊目】千円札は拾うな. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10912/9433670

Listed below are links to weblogs that reference 【296冊目】博士の愛した数式:

« 【295冊目】会社を辞めて幸せになる本 | Main | 【297冊目】千円札は拾うな. »