« 【278冊目】技術者の能力をひきだす―企業競争に打ち勝つために | Main | 日経ビジネス 2005.07.25 GE世界最強の秘密より »

2005.07.20

【279冊目】ヤバい!怖い!トラブルだッ! 会社とお店を守る最強の警察活用術

書籍情報


4894511681ヤバい!怖い!トラブルだッ! 会社とお店を守る最強の警察活用術
野元 泰秀 (著)

出版社:フォレスト出版
ISBN: 4894511681
オススメ度 ★★★☆
知らなかった・・・、警察の活用方法。一家に一冊、あれば、安心。



ほんのツブヤキ
ヤバい時、怖い時は遠慮せずに「警察に頼る」べき!

めったにないことだけれども、
それでも、たまに、
ほんとに、たまに、
怖いことや、ヤバいことに遭遇します。

そんなとき、どしたらいいんでしょう?

この本は、そんな悩みを一掃してくれます。

元刑事の著者 野元さんは、こう言います。

「困ったときは、警察に行くのが、当たり前」

だって、警察は、弱い市民の味方なのですから。

だから、「困ったら、堂々とビビリましょう。」
「怖かったら、堂々とビビリましょう。」

堂々とビビッって、警察の生活安全課 相談係にいきましょう。
警察は、そんなあなたをキッチリ守ってくれます。



わたしのヒラメキ



警察に相談する前に決めておいてほしい大切なことは、
「どのような結果を望んでいるか」
ということだそうです。

「相手の行為を中止してほしい」のか、「相手を処罰してほしい」のか。

「どうにかしてほしい。」
これが、一番、警察としても困るし、どうしようもない。

「明確な意思表示が絶対必要」なのだそうです。

まあ、当たり前といえば、あたりまえなのですが、これって、「ビビッた」ときだけでなく、結構、日常で犯してしまっているミスじゃないでしょうか。

あなたにも、心当たりないですか?

たとえば、とっても困ってしまったとき、
「神さま、なんとかしてくれ~ぇ。」
って、祈っちゃったりしたこと。

私、いっぱいあります。(笑)

でも、「なんとかしてほしい。」じゃ、だめなんです。
「明確な意思」をもって、「こうしてほしい」と祈らなきゃ。
たとえ、それが、「困ったときの神頼み」のときだったにしても・・・・ね。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

「なんとかしてほしい。」は、やめよう。





ヤバい!怖い!トラブルだッ! 、野元 泰秀さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

|

« 【278冊目】技術者の能力をひきだす―企業競争に打ち勝つために | Main | 日経ビジネス 2005.07.25 GE世界最強の秘密より »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10912/5135611

Listed below are links to weblogs that reference 【279冊目】ヤバい!怖い!トラブルだッ! 会社とお店を守る最強の警察活用術:

» ヤバい!怖い!トラブルだッ! [成功おたくのビジネス書評]
野元泰秀著『ヤバい!怖い!トラブルだッ! 会社とお店を守る最強の警察活用術』 タ [Read More]

Tracked on 2005.09.09 at 05:42 AM

« 【278冊目】技術者の能力をひきだす―企業競争に打ち勝つために | Main | 日経ビジネス 2005.07.25 GE世界最強の秘密より »