« May 2005 | Main | July 2005 »

2005.06.30

お引越し その4

これまで、約10年暮らしてきたこの家も、今日で最後か・・・と感慨にふける余裕もなく、本当に明日引っ越せるのか~?という状況。

いったいいつのまに こんなに物が増えちゃったんだろう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.29

お引越し その3

7月1日より、子供たちを 引越し先の小学校や保育園に通わせなければならないため、引越しは、できる限り6月30日までに終えたかったのですが、諸々の事情で、7月1日に引っ越すことに。

でも、7月1日は、「大安」。
「大安」の日の引越しは、「大安割増料金」が、かかるんだよなぁ。

ひょぇ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.28

お引越し その2

子供をつれて、保育園へ面接にいってきました。

これまで通っていた保育園が、結構新しくて設備が整っていたのに対し、今回通園することになった保育園は、う~ん、まあ、なんというか、すべてが、手作りというか、ワイルドというか・・・。(笑)

ひ弱な長男が、この環境で、生き抜いていけるのか、少々不安・・・。(笑)

私たち一家が、保育園にいったとき、たまたま、今度、その保育園を退園される父兄の方とばったり出会ったのですが、「もう、必要がないから」と その保育園の制服や何やらを いろいろといただくことができました。

ラッキ~!
ついてます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.27

お引越し

急遽、自宅を引っ越すことになりました。

もともと 近々引っ越す予定だったのですが、転入先で子供たちの通う保育園の確保ができそうになかった(転入先の市役所で聞いてみたら、保育園の入園待ちが、すでに60人いるとのこと)ので、引越しは、しばらく先になるかな という状況でした。

とはいえ、60人待ちとはいえど、申請しておかないと いつまでたっても保育園は決まりません。
とりあえず、申請だけはしておこうと 先週、申し込み&面接をしてきました。

一人 保育園に入れるだけでも大変なのに 我が家では2人同時に 同じ保育園に通わさなければなりません。
しばらくは、無理だろうなぁと たかをくくっていたのですが、なんと 7月1日から、2人とも同じ保育園に登園可能との連絡が、市役所からありました。

どういうわけで、60人抜きにいたったのかは分かりませんが、これで、7月1日までに引っ越さなきゃならなくなっちゃいました。

さあ、たいへん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.25

【272冊目】ブログを続ける力―Blogを続けるのに必要かつ大事なこと

書籍情報


486167042Xブログを続ける力―Blogを続けるのに必要かつ大事なこと
GEODESIC (編集)

出版社:九天社
ISBN: 486167042X
オススメ度 ★★★☆
ちょっちスランプぎみのブロガーに



ほんのツブヤキ
ブログは続けなければ力になりません。

ブログを続けていると 結構いいことがあります。
例えば、
文章を書く習慣がつく。
写真などの記録が残る。
自分史ができる。
同じテーマ通し仲間ができる。
などなど。

でも、続けようと思っていても、いろんなことが起こってきて、それも結構むずかしい。
例えば、
時間がなくなる。
精神手的に考える余裕がなくなる。
一通り体験したら飽きてきた。
思っていたよりも難しい。
書くことがない。
コメントをもらえない。
葛藤が多く億劫になる。
とかとか。

これらの問題に対応する技術は、いろんな本で紹介されていますが、ズバリ、この問題の特効薬なんてありゃしない、と私は思っています。

技術は、技術。
技術でしかないんです。

小手先だけの技術なんて、圧倒的なパワーの前では、所詮「無力」でしかないんです。

じゃあ、ここでいうところの「圧倒的なパワー」とは、なんなのでしょうか?

それは、「あなた自身の存在」です。
「あなた そのもの」です。
「あなたの人生」において、「あなたの存在」ほど、パワフルなものはほかにないでしょ?

だから、あなたのブログが、スキル・技術だけで構築されているものだとしたら、それは、かならず限界がきます。
きっと、「あなた自身の存在」が、そのブログの継続を「妨害」しはじめるでしょう。

でも、あなたのブログが、あなたらしさを伝えるものであったなら、意外と継続できちゃうもんだと思います。
というか、できないではすまなくなってきちゃうと思いますよ。



わたしのヒラメキ



ブログは共感と伝播のメディアです。

どんどん自分を発信しちゃいましょう。
そんでもって、共感できる仲間ができたら、もう最高に楽しいですよ。

自分を発信するのが苦手だ・・・というかた。
そんなあなたは、こうしましょう。
あなた自身の考え方と共感するサイトに出会ったときに、「私は、あなたの考えに共感してますよっ」って、手を上げてみる。コメントしてみる。

それだけで、結構、人生変わってくると思いますよっ!



<幸せな成功をつかむためのヒント>

どんどん自分を発信しちゃいましょう




ブログを続ける力に興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.24

【271冊目】人生において、「会社」とは何か

書籍情報


4569661890人生において、「会社」とは何か
飯田 史彦 (著)

出版社:PHP研究所
ISBN: 4569661890
オススメ度 ★★★★
会社で働くことの意味に悩み始めた人に



ほんのツブヤキ
会社では何を目標に、どう学び、いかに成長すればよいのか?


就職活動は、恋愛と同じだと飯田さんは言います。

『会社に恋する』とは、『会社の持つ資産に価値を感じて一時的に高揚する「この会社に高く評価されたい」とか「この会社を使いこなしたい」と願う感情』のこと。

『会社を愛する』とは、『自分という社員の価値認識と成長意欲から生まれるものであり、会社という存在への感謝ゆえに決断し、永続的な意思と洗練された能力によって実行しようと努力する、会社の幸福を願い成長を支援する行為』のこと。

「恋する」ことは、感情だから、冷めやすい。
「愛する」ことは、行為だから、続きやすい。

理性的に、しっかりと頭で考えて確固とした意志をもって、就職先を選んだつもりだったけれど、実は、感情に流されて、「会社に恋して」就職先を決めちゃったりしませんでしたか?

「会社を愛する気持ち」なんて、持っちゃいなかったんじゃないですか?




わたしのヒラメキ



正直、会社は行かなくてもすむならば、行きたくないところ。

だって、会社は思い通りにならないことに満ちている場所ですもの。
なにやら、自分ばかりが損をしていると思えちゃう。

たいていのひとにとっては、会社が自己実現の場というのは甘い幻想にしかすぎません。

そんな、イヤな会社って、何なんでしょう。

飯田さんは、こう言います。

『会社とは、人生において、「愛しがたいものでさえも愛するための意思と技術」に磨きをかける道具である。』

こういう考え方、とらえ方もあるのかと すっごい気付きをいただきました。

なるほど、「会社でさえも愛する技術」が身につけば、ある意味、人生、幸せに満ち満ちるような気がします。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

会社とは、人生において、「愛しがたいものでさえも愛するための意思と技術」に磨きをかける道具である。




人生において、「会社」とは何か、飯田 史彦さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.20

【270冊目】上司が「鬼」とならねば部下は動かず―強い上司、強い部下を作る、31の黄金律

書籍情報


4833416972上司が「鬼」とならねば部下は動かず―強い上司、強い部下を作る、31の黄金律
染谷 和巳 (著)

出版社:プレジデント社
ISBN: 4833416972
オススメ度 ★★★★
自信喪失気味の中間管理職の方に



ほんのツブヤキ
中間管理者の方に「やる気」を起こさせる温かいエールに満ちた1冊

『上司が「鬼」とならねば部下は動かず』。
私、このタイトルに少々騙されていました。

このタイトルから、この本は、てっきり「部下には、厳しく接しろ!」といっているだけの本だと思い込んでいました。
正直なところ、ずっと敬遠していた一冊でした。

が、思い切って読んでみると 意外や意外。
とっても温かい本なのです。

たしかに「厳しさ」は、要求している本ではあります。

でも、その「厳しさ」には、ベースに「温かみ」があるんです。
だから、その「厳しさ」に接すると、なんだか「ヤル気」が出てくる。
そんな「厳しさ」なんです。
背筋をしゃんとさせてくれる、そんな「厳しさ」なんです。

ちょっと自信喪失気味の中間管理職の方には、オススメ。



わたしのヒラメキ


「感謝の気持ちは常に現在形である」

この記述にはっとさせられました。

以下、引用。

『世界のどこにも「ありがとうございました。」はない。
 「ありがとう」も「おめでとう」と同様に過去形や未来形はない。
 感謝の気持ちは常に現在形である。」

なるほど。
なっとく。

早速、今から「ありがとうございました。」ではなく、「ありがとうございます。」と言うことにしよう。

「過去」にではなく、「今」に感謝するために。



<幸せな成功をつかむためのヒント>

感謝の気持ちは常に現在形





上司が「鬼」とならねば部下は動かず、染谷 和巳さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.18

【269冊目】R&Dプロフェッショナル―新製品開発者みずからがレポートするR&D(研究開発)の実状と将来展望

書籍情報


4887370040R&Dプロフェッショナル―新製品開発者みずからがレポートするR&D(研究開発)の実状と将来展望
久里谷 美雄 (著)

出版社:文芸社
ISBN: 4887370040
オススメ度 ★★★☆
R&Dに関わる技術屋さんに



ほんのツブヤキ
技術屋さんが普段何を考えているのか、その一端が分かる本。

最近では、「プロジェクトX」などで、開発時の苦労話が取り上げられるようになってきて、以前よりは、いわゆる技術屋さんに光があたるようになってはきました。

けれど、経営者のお話に比べれば、まだまだ、技術屋さんのお話は少ないです。

そういう意味で、この本は、貴重な一冊。

技術屋さんの視点から見たR&D(研究開発)の実情の一端を知ることができます。



わたしのヒラメキ


「研究」と「開発」。
いまさら、説明など必要もないと思える言葉です。

が、実際には、この2つの言葉の定義が技術者ごとに微妙に違っていて、その微妙な定義の違いが、変な衝突や軋轢を生むことが、多々あったりするんです。

本書では、この二つの言葉は、こんな風に定義されています。

「研究」とはまだ自分たちが持っていない「社外要素技術」および「未知要素技術」を手に入れて「社内要素技術」とする過程を言う。
「開発」とは、全ての要素技術が「研究」によって「社内要素技術」となった時点から、これら全て揃った「社内要素技術」を組み合わせて最適化し、「製品」とするまでの過程を言う。

なるほど。
これは、なかなか分かりやすい定義です。

さっそく活用させていただこっと。



R&Dプロフェッショナル、久里谷 美雄さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.15

【268冊目】何もいいことがなかった日に読む本

書籍情報


4569616720何もいいことがなかった日に読む本
中谷 彰宏 (著)

出版社:PHP研究所
ISBN: 4569616720
オススメ度 ★★★
心が折れてしまいそうな日に



ほんのツブヤキ
ささやかだから、大切なことがあります。

何もない日などありません。

ささやかなことかもしれないけれど、「何か」が、きっとあなたの周りで起こっています。

それは、あなたにとって、良い事に感じられることかもしれません。

そしたら、あなたは、ラッキーです。
だって、「いいこと」があったんですもの。

心の中で、神さまに 「ありがとう」と言いましょう。


それは、あなたにとって、悪い事に感じられることかもしれません。


そしたら、あなたは、ツイています。
だって、「悪い事」は、あなたを成長させてくれるんですもの。

仮に 一日、なにもいい事がなかったとしても、落ち込むことはありません。
だって、何もいい事がなかった日に人は一番成長しているものなんですから。

心の中で、神さまに 「ありがとう」と言いましょう。




わたしのヒラメキ


成功してもいい。
成功しなくてもいい。
でも、成功しなくても、
幸せにはなろうよ。
   (p30 「成功か、幸せか」より)



<幸せな成功をつかむためのヒント>

何でもないことの中の真実に気付こう。




何もいいことがなかった日に読む本、中谷 彰宏さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (6) | TrackBack (1)

2005.06.14

【267冊目】大前研一の一新塾―サバイバルニッポン「新資本主義への挑戦」

書籍情報


4833417065大前研一の一新塾―サバイバルニッポン「新資本主義への挑戦」
一新塾 (編集)

出版社:プレジデント社
ISBN: 4833417065
オススメ度 ★★★☆
我こそは、ニッポンを変える起爆剤!という方に



ほんのツブヤキ
これからの15年は、「ボーダレス」、「サイバー経済」、「マルティプル」、この3つの潮流が主流に。

「ボーダレス」とは、国境を越えないで資本も企業も人も自由に動くことができること。いまや、ビジネスでさえも電話線、通信衛星で可能なところまできています。

「サイバー経済」とは、商品情報や注文はサイバー空間でやり取りし、実際に注文主に届けるのはリアルな物流会社によって行なわれる経済のこと。サイバーとリアルを無限に行ったりきたりするのが特徴。

「マルティプル」とは、デリバティブやレバレッジといった金融取引の高度化により出てきたもので、1イコール20とか、1イコール250とかいったようなマルティプル(倍数)を使う数式経済のこと。

この3つの主流により、国家といものが、すでに障害で無くなったいま、最大の問題は個人であり。企業であり、治自体。
これほどまでに 世界のルールや法律が変わってきているのに それに対応できる明確な自分たちのビジョンすら描けないでいる。
これは、大きな問題ですよね。


わたしのヒラメキ


「主体的市民のための政策立案講座」では、ビジネスの手法や考え方で香川県を見ています。
これがなかなか面白い。
香川県をひとつの会社とすると だいたいトヨタの3分の1くらいの会社のなるらしいです。
(香川県がたいしたことないのか、やっぱり トヨタはすごいのか、判断に困りますが・・・。)
全てをビジネスの考え方で斬ってしまうのはどうかとも思いますが、ときにはこういう切り口で行政を斬ってみるのも面白いもんですね。
違った側面が見えてきます。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

ときには違った角度から、物事をとらえてみよう。




大前研一の一新塾に興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.11

【266冊目】ビル・ゲイツ エジソン成功の共通ルール

書籍情報


4900779733ビル・ゲイツ エジソン成功の共通ルール
サクセス・マガジン社 (著), ケン・シェルトン (著), リチャード・H.モリタ

出版社:フロンティア出版
ISBN: 4900779733
オススメ度 ★★★★
成功を目指す方に



ほんのツブヤキ
自信や信念は、とっても枯れやすいものです。

本書では、エジソンから、ビル・ゲイツまで、成功者に共通するルールを紹介。

自信や信念は、とっても枯れやすいものです。
だから、常に肥料を与えて元気にしてやる必要があります。

そのためには、まず、自分自身を愛することが必要です。

でも、ここで間違えてはいけないことは、「自分自身を愛すること」=「自分の能力や判断、行動に確信をもつこと」です。
決して、「自分本位や自己中心ということ」ではありません。



わたしのヒラメキ


この本には、スピルバーグ監督のこんな言葉が紹介されています。
成功をつかむための秘訣は、この言葉が、すべてのような気がします。

『大きな事を夢見よう。
 決して途中で止めてはいけない。
 否定的なことで、自分をだめにしてはならない。
 今日だけを生きるのではなく、明日に期待しよう。
 あなたを成功に駆り立てるような習慣を育てるのだ。』
 スティーブン・スピルバーグ



<幸せな成功をつかむためのヒント>

大きな事を夢見よう




ビル・ゲイツ エジソン成功の共通ルール、ケン・シェルトンさんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.07

【265冊目】誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則

書籍情報


4887591268誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則
ジム・ドノヴァン (著), 桜田 直美

出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
ISBN: 4887591268
オススメ度 ★★★★
成功を目指す方に



ほんのツブヤキ
今すぐ行動を始めよう。

成功するためには、行動しないことには始まりません。
すぐに行動を始めましょう。
・・・・・・と 言われても、なかなかできるものではないですよね。(笑)

でも、でもね。
ちょっと考えてみてください。
どうして、「今すぐ行動できない」のかと。


ところで、
いきなり話は変わりますが、
あなたは、たいていの約束は、しっかり守る人ではないですか?

特に あなたのとても大切な人や、あなたにとってとても重要な人との約束は、絶対に守る人じゃないですか?

で、
ひょっとしたら、以前に交わした約束があるがゆえに「今すぐ行動できない」んじゃないですか?

だとしたら、あなたが、まずやらなければならないことは、「自分自身を誰か大切な人のように扱う」ようにすること。
「誰か重要な人のように扱う」ようにすること。

そうすれば、きっとあなたは、「今すぐ行動できる」ようになっちゃいます。

だって、あなたは、大切な人や、重要な人との約束は、絶対に守る人。

自分が誰よりも大切になって、自分が誰よりも重要になったとしたら、
そして、あなたが、
「誰よりも大切」で、「誰よりも重要」な自分と
「私は、成功する」
と約束したとしたら、どうでしょう。

あなたは、きっと「今すぐ行動」しないわけにはいかなくなっているはずです。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

自分自身を誰か大切な人のように扱う




誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則、ジム・ドノヴァンさんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2005.06.06

【264冊目】莫大な財産があなたの心の中に眠っている!!―ナポレオン・ヒルの「あなたの人生を再構築(リコンストラクション)せよ!」

書籍情報


莫大な財産があなたの心の中に眠っている!!―ナポレオン・ヒルの「あなたの人生を再構築(リコンストラクション)せよ!」
ナポレオン ヒル (著), 田中 孝顕 (翻訳)

出版社:騎虎書房
ISBN: 488693207X
オススメ度 ★★★☆
成功者を目指す方に



ほんのツブヤキ
事を計るは人、事をなすは天

 <成功の定義>
成功とは、他人の利益を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を黄金律にしたがって一つひとつ実現していく過程である。

黄金律:自分がして欲しいと思うことは、なによりもまず他人にそうしてあげること。




わたしのヒラメキ



一口に「成功」というけれど、
「成功」というものをどう定義するのか、結構難しい。

この本では、「社会正義に反することなく」とある。

「正義」、これもまた、よくよく考えると難しい言葉である。
何が良くて、何が悪いのか、
そんなこと、全てが終わってからでないと判断できるものではない。

しかも、「社会の」正義である。

社会が、勢いがあって、社会全体が同じベクトルで、発展しているならなら、(それが、本質的に正義か、悪かは別として)社会に反しているのか、そうでないのかは、判断がつくのかもしれない。

けれど、今の日本みたいに「社会」そのものが、迷走しているときには、それは、至難の業。
私のような一般人には、到底無理。

結局は、「自分が正しい」と感じた「自分の道」を「自分を信じて」歩んでいくしかないのでは・・・・と思う。
自分の「良心」を信じて、「良いと感じる方向」に歩いていくしかないのだと思う。

だから、成功するためには、
「自分の信じた道を 他の人より、ほんの少しよぶんに進む」
結局、これしかない、そんなふうに思う。



<幸せな成功をつかむためのヒント>

自分の信じた道を 他の人より、ほんの少しよぶんに進む




莫大な財産があなたの心の中に眠っている!!、ナポレオン ヒルさんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005.06.04

【263冊目】人間はその人の考えそのものである―ポール・マイヤーに学ぶ人生の知恵

書籍情報


483780411X人間はその人の考えそのものである―ポール・マイヤーに学ぶ人生の知恵
西田 育生 (著)

出版社:マネジメント社
ISBN: 483780411X
オススメ度 ★★★★★
成功者を目指す方に



ほんのツブヤキ
選択こそが、人間が神からあたえられた最大の特権

人生は、選択の連続です。

良しにつけ、悪しにつけ、
過去の選択の結果が今のあなたです。

あなたは、
いま幸せですか?
とっても辛い状態ですか?
いずれにしても、それは、あなたの過去の選択の結果なのです。

今を変えたいと思うならば、
今が変わるような人生の選択をしなければなりません。

今を維持したいなら、
今が維持できるような人生の選択をしなければなりません。

選択が人生を変えます。

良い人生を送りたければ、良い選択をしていく必要があるのです。




わたしのヒラメキ



良い選択をしていくには、どうしたらいいんでしょうか。

良い人生を送るために 良い選択をする癖をつけたいですね。
でも、良い選択ってどうしたらできるようになるんでしょうか?

良し、悪しは、ことが終わらないと判断できません。
だから、あらかじめ予測をして、「良い」ことを選択するのは至難の業です。

だから、私は、
「良い選択ができるようになる」≒「なるべく多くの選択肢を持つ」
ことじゃないかなと考えるのです。

「なるべく多くの選択肢を持つ」、
うん、これなら、なんとかなりそうです。

では、どうしたらいいか。

まずは、「選択は自分でするもの」と覚悟する。(あたりまえですよね。)

そして、今最善と思われることを 迅速にかつ大胆に選択して、自分にできる範囲内のことを躊躇なく果断にやる。

そうすることで、選択肢は、きっと増えていんじゃないかと思うのです。



<幸せな成功をつかむためのヒント>

過去の選択の結果が今のあなたです。




人間はその人の考えそのものである、西田 育生さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.03

【262冊目】天国の本屋

書籍情報


4101048223天国の本屋
松久 淳 (著), 田中 渉 (著)

出版社:新潮社
ISBN: 4101048223
オススメ度 ★★★★☆
ほんのり優しい気持ちにふれたい人に



ほんのツブヤキ
アカオニクン、ニンゲンタチトハ ドコマデモ ナカヨク マジメニ ツキアッテ タノシク クラシテ イッテ クダサイ。

さとしは、アロハシャツの不思議なおっさんヤマキに誘われ、突然天国の本屋ヘブンズ・ブックサービスでアルバイトをすることに。

その天国の本屋ヘブンズ・ブックサービスでの売り物は、朗読サービス。
店を訪れた子供たちに本を朗読してあげるというもの。

そして、さとしは、その朗読サービスを担当することになるのですが・・・。

同じ天国の本屋ヘブンズ・ブックサービスで働く緑色の目を持つ少女ユイの秘密を廻って物語りは展開していきます。

そして、最後、さとしが「泣いた赤おに」を朗読する場面では、優しい気持ちと懐かしい気持ちが心の中にあふれてきます。

とってもいい本です。
とってもあったかい気持ちにしてくれる物語です。
オススメ。




わたしのヒラメキ



こんな本屋さん、やってみたいなぁ。



<幸せな成功をつかむためのヒント>

赤おには、だまって、それを読みました。
二ども、三ども、読みました。
戸に手をかけて、顔をおしつけ、しくしくと、
なみだをながして泣きました。




天国の本屋、松久 淳さん, 田中 渉さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.06.02

【261冊目】「自分力」の底力に気づけ

書籍情報


4062641313「自分力」の底力に気づけ
弘兼 憲史 (著)

出版社:講談社
ISBN: 4062641313
オススメ度 ★★★☆
「存在感ある男」を目指す人に



ほんのツブヤキ
欠点の一歩手前に長所がある

誰にでもひとつ長所があるように、
誰にでもひとつは欠点がある。

その誰にでもひとつはある欠点がゆえに どうしても自分が許せないことがある。
自分が好きになれないことがある。

けれど、
欠点の一歩手前に長所がある。
そんな風に考えてみると、
許せないと思っていた欠点も、少し許せそうな気がしてくる。
好きになれなかった自分も、好きになれそうな気になってくる。



わたしのヒラメキ



自分らしく生きる。
これは、とても大事なことです。

でも、自分らしく生きるためには、まず、自分を好きになることが必要です。

自分が好きな自分。
そんな自分を生きられなければ、せっかく自分らしく生きたとしても、人生とってもつまらないものになっちゃいます。

だから、せめて、自分だけでも自分を好きになりましょう。
好きになる努力をしましょう。
自分が好きな自分になれるよう努力しましょう。

あなたが、あなたの人生を
自分が好きな自分らしく生きぬくことができれば、
他人がとやかく言ったって、
あなたの人生は、最高です。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

自分がいいと思えれば、その人生は最高だ。




「自分力」の底力に気づけ 、弘兼 憲史さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.01

【260冊目】成功のキーワード―その鍵は、あなた自身の"気付き"にある

書籍情報


成功のキーワード―その鍵は、あなた自身の"気付き"にある
山田 淳一郎 (著)

出版社:TAC出版部
ISBN: 4886510159
オススメ度 ★★★
職業会計人をめざす方に



ほんのツブヤキ
一歩一歩がんばろう

お客さんに好感を持たれるようにしよう。

ぼやかず明るくいこう。

頭ひとつ抜け出すために努力しよう。

いつも向上心を持ち続けよう。

常識にとらわれずに自分の頭を動かそう。

いつも自分のポテンシャル・アップを考えよう。

そして、
思い上がらず、一歩一歩がんばろう。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

思い上がらず、一歩一歩がんばろう。




成功のキーワード、山田 淳一郎さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »