« 【270冊目】上司が「鬼」とならねば部下は動かず―強い上司、強い部下を作る、31の黄金律 | Main | 【272冊目】ブログを続ける力―Blogを続けるのに必要かつ大事なこと »

2005.06.24

【271冊目】人生において、「会社」とは何か

書籍情報


4569661890人生において、「会社」とは何か
飯田 史彦 (著)

出版社:PHP研究所
ISBN: 4569661890
オススメ度 ★★★★
会社で働くことの意味に悩み始めた人に



ほんのツブヤキ
会社では何を目標に、どう学び、いかに成長すればよいのか?


就職活動は、恋愛と同じだと飯田さんは言います。

『会社に恋する』とは、『会社の持つ資産に価値を感じて一時的に高揚する「この会社に高く評価されたい」とか「この会社を使いこなしたい」と願う感情』のこと。

『会社を愛する』とは、『自分という社員の価値認識と成長意欲から生まれるものであり、会社という存在への感謝ゆえに決断し、永続的な意思と洗練された能力によって実行しようと努力する、会社の幸福を願い成長を支援する行為』のこと。

「恋する」ことは、感情だから、冷めやすい。
「愛する」ことは、行為だから、続きやすい。

理性的に、しっかりと頭で考えて確固とした意志をもって、就職先を選んだつもりだったけれど、実は、感情に流されて、「会社に恋して」就職先を決めちゃったりしませんでしたか?

「会社を愛する気持ち」なんて、持っちゃいなかったんじゃないですか?




わたしのヒラメキ



正直、会社は行かなくてもすむならば、行きたくないところ。

だって、会社は思い通りにならないことに満ちている場所ですもの。
なにやら、自分ばかりが損をしていると思えちゃう。

たいていのひとにとっては、会社が自己実現の場というのは甘い幻想にしかすぎません。

そんな、イヤな会社って、何なんでしょう。

飯田さんは、こう言います。

『会社とは、人生において、「愛しがたいものでさえも愛するための意思と技術」に磨きをかける道具である。』

こういう考え方、とらえ方もあるのかと すっごい気付きをいただきました。

なるほど、「会社でさえも愛する技術」が身につけば、ある意味、人生、幸せに満ち満ちるような気がします。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

会社とは、人生において、「愛しがたいものでさえも愛するための意思と技術」に磨きをかける道具である。




人生において、「会社」とは何か、飯田 史彦さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

|

« 【270冊目】上司が「鬼」とならねば部下は動かず―強い上司、強い部下を作る、31の黄金律 | Main | 【272冊目】ブログを続ける力―Blogを続けるのに必要かつ大事なこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【271冊目】人生において、「会社」とは何か:

« 【270冊目】上司が「鬼」とならねば部下は動かず―強い上司、強い部下を作る、31の黄金律 | Main | 【272冊目】ブログを続ける力―Blogを続けるのに必要かつ大事なこと »