« 【269冊目】R&Dプロフェッショナル―新製品開発者みずからがレポートするR&D(研究開発)の実状と将来展望 | Main | 【271冊目】人生において、「会社」とは何か »

2005.06.20

【270冊目】上司が「鬼」とならねば部下は動かず―強い上司、強い部下を作る、31の黄金律

書籍情報


4833416972上司が「鬼」とならねば部下は動かず―強い上司、強い部下を作る、31の黄金律
染谷 和巳 (著)

出版社:プレジデント社
ISBN: 4833416972
オススメ度 ★★★★
自信喪失気味の中間管理職の方に



ほんのツブヤキ
中間管理者の方に「やる気」を起こさせる温かいエールに満ちた1冊

『上司が「鬼」とならねば部下は動かず』。
私、このタイトルに少々騙されていました。

このタイトルから、この本は、てっきり「部下には、厳しく接しろ!」といっているだけの本だと思い込んでいました。
正直なところ、ずっと敬遠していた一冊でした。

が、思い切って読んでみると 意外や意外。
とっても温かい本なのです。

たしかに「厳しさ」は、要求している本ではあります。

でも、その「厳しさ」には、ベースに「温かみ」があるんです。
だから、その「厳しさ」に接すると、なんだか「ヤル気」が出てくる。
そんな「厳しさ」なんです。
背筋をしゃんとさせてくれる、そんな「厳しさ」なんです。

ちょっと自信喪失気味の中間管理職の方には、オススメ。



わたしのヒラメキ


「感謝の気持ちは常に現在形である」

この記述にはっとさせられました。

以下、引用。

『世界のどこにも「ありがとうございました。」はない。
 「ありがとう」も「おめでとう」と同様に過去形や未来形はない。
 感謝の気持ちは常に現在形である。」

なるほど。
なっとく。

早速、今から「ありがとうございました。」ではなく、「ありがとうございます。」と言うことにしよう。

「過去」にではなく、「今」に感謝するために。



<幸せな成功をつかむためのヒント>

感謝の気持ちは常に現在形





上司が「鬼」とならねば部下は動かず、染谷 和巳さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

|

« 【269冊目】R&Dプロフェッショナル―新製品開発者みずからがレポートするR&D(研究開発)の実状と将来展望 | Main | 【271冊目】人生において、「会社」とは何か »

Comments

はじめまして。

いつも楽しみに読ませていただいています。

今現在を大切にする。今現在に感謝する。

その通りですね。私もこれからは「ありがとうございます」というように心がけたいと思います。

1000冊といわず1万冊ぐらい続けてください。
応援しています。

Posted by: たっくん | 2005.07.06 12:22 AM

たっくんさん
はじめまして

コメントありがとうございます。

私も、最近、努めて「ありがとうございます。」というようにしています。

>1000冊といわず1万冊ぐらい続けてください。

むむむっ。
1万冊ですか。
これはなかなか手ごわそう・・・。

でも、1000冊といわず、それ以上を目指してがんばっていきますので、これからも応援、よろしくお願いしますね。

Posted by: 流嶺 | 2005.07.07 06:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【270冊目】上司が「鬼」とならねば部下は動かず―強い上司、強い部下を作る、31の黄金律:

« 【269冊目】R&Dプロフェッショナル―新製品開発者みずからがレポートするR&D(研究開発)の実状と将来展望 | Main | 【271冊目】人生において、「会社」とは何か »