« 【242冊目】イワンのばか | Main | 【244冊目】人生、だから面白い―魅力ある大人になる100の逆転発想 »

2005.03.28

【243冊目】「くよくよするな」といわれても…くよくよしてしまう人のために

書籍情報


4879542598
「くよくよするな」といわれても…くよくよしてしまう人のために
北西 憲二

出版社:法研
ISBN: 4879542598
オススメ度 ★★★
くよくよしてしまう人に。



ほんのツブヤキ
「今、ここで生きる」ことから始めるためのアドバイス。

自分という存在には、「こうありたい、またはこうあるべきだ」という『理想の自分』と、「いまここでの、今ここで生きている」という『現実の自分』という少なくともふたつの側面があります。
『理想の自分』は、自分を高めていくために重要な役割を果たしますが、理想があまりにも度を越して「こうあるべきだ」「こうあらねばならない」とガチガチにこり固まると、余裕の無い、辛く苦しいものになってしまいます。
『理想の自分』と『現実の自分』が適度に重なって、互いに調和がとれているうちはいいのですが、その重なりの部分がなくなってしまい、分離してしまうとなれば問題です。
「こうありたい」という理想への欲望が大きくなればなるほど、今の自分はちっぽけで、何の価値もない存在に思えてきて、なにをやっても劣等感にさいなまれるようになってしまいます。



わたしのヒラメキ



理想は、あくまで理想です。
ときにはあきらめたり、現実と妥協することも必要です。

「ここまでできたんだから上出来だ」と満足したり、それなりに努力している自分を受け入れられるような柔軟な理想を持つことも、ときには大切です。

そうすることで、現実の自分が励まされ、さらに理想に向かって頑張っていけるということもあるからです。




ちえのヒロガリ



もっと この本の書評を読みたいかたは、是非 こちらのサイトを訪れてみてください。
きっと違った気付きがあるはずです。

Amazonのカスタマーレビュー
1件のレビューを読むことができます。



「くよくよするな」といわれても…くよくよしてしまう人のために、北西 憲二さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

|

« 【242冊目】イワンのばか | Main | 【244冊目】人生、だから面白い―魅力ある大人になる100の逆転発想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10912/3454824

Listed below are links to weblogs that reference 【243冊目】「くよくよするな」といわれても…くよくよしてしまう人のために:

« 【242冊目】イワンのばか | Main | 【244冊目】人生、だから面白い―魅力ある大人になる100の逆転発想 »