« 【238冊目】方丈記 | Main | 【240冊目】人生愉しみの見つけ方―「いま」を充実させる100の逆転発想 »

2005.03.24

【239冊目】天気の好い日は小説を書こう

書籍情報


4087471756天気の好い日は小説を書こう―ワセダ大学小説教室
三田 誠広 (著)

出版社: 集英社
ISBN: 4087471756
オススメ度 ★★★★
小説書いてみようかなぁ、なんて、一度は考えたことあるはず。



ほんのツブヤキ
物語には「構造」があります。
これを「ナラティヴ・ストラクチャー」といいます。

「ナラティヴ・ストラクチャー」は、小説の設計図ではありません。
いわゆる「プロット」と言われるものとは違います。

「深い」小説を書くためには、この「ナラティヴ・ストラクチャー」を正確に把握して、作品の中に組み込んでいくことが必要と三田さんは言います。

では、「ナラティヴ・ストラクチャー」ってなんなのでしょう?

「本」というものがまだこの世の中に無かったころ、物語は、人から人へ、語り伝えられることで存在していました。
神話や伝説なんかが、そうですよね。
このような状態に置かれた物語は、人から人へ伝えられる過程で自然淘汰が起こります。

面白い物語は、語り伝えられ続け、
面白くない物語は、忘れ去られていく。

つまり、面白い物語しか生き残れないわけですね。

さて、物語の自然淘汰は、その時代の社会を支えた人間の願望を反映しているといえます。

ですので、はるか昔から現在までの長い年月を生き残ってきた神話や伝説を分析すると人間の本質的な部分が見えてくることがあります。
人が、本質的に面白いと感じる構造があることがわかってきます。

この物語の本質、構造のことを「ナラティヴ・ストラクチャー」というそうです。

つまり、作品に『「ナラティヴ・ストラクチャー」を組み込む』とうことは、作品に『人間の本質を組み込む』ということになります。

人間の本質が組み込まれた小説、なるほど、とっても「深い小説」になりそうです。




わたしのヒラメキ



この「ナラティヴ・ストラクチャー」は、現代でも、脈々と時代の根底に存在し機能しているようです。
物語の中だけでなく、実生活の中にも。

この本を読んでから、小説を読むときはもちろん、仕事や実生活の中でも、「構造」といったものが、非常に気になるようになってきました。

ですので、最近、この世の中の「構造」といったものを よく考えたりします。

矛盾だらけの世の中のように思えますが、これが、矛盾で無いとすると、
今の私たちの世界が直面しようとしていることは、・・・・・。

むむむむっ。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

「ナラティヴ・ストラクチャー」について
ちょっと考えてみよう。




ちえのヒロガリ



もっと この本の書評を読みたいかたは、是非 こちらのサイトを訪れてみてください。
きっと違った気付きがあるはずです。

「よ~し、たくさん読んでみよ~」さんの2004.12.19のエントリー
そうですよね。この本は、小説を書く人にも、読む人にも役立つ本ですよね。

Amazonのカスタマーレビュー
6件のレビューを読むことができます。



天気の好い日は小説を書こう、三田 誠広さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

|

« 【238冊目】方丈記 | Main | 【240冊目】人生愉しみの見つけ方―「いま」を充実させる100の逆転発想 »

Comments

1000冊が目標とはすばらしいですね。 僕も見習いたいです。 最近、僕も同じような本の評論のブログをはじめました。 まだまだ貴方にはかないませんが、意見交換のために作りました。 僕も読んだ本が紹介されたときはどんどんコメントさせていただきます。

Posted by: Dreamer | 2005.03.25 at 08:53 AM

Dreamerさん
はじめまして。

コメント、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いしますね。

Posted by: 流嶺 | 2005.03.28 at 06:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10912/3415912

Listed below are links to weblogs that reference 【239冊目】天気の好い日は小説を書こう:

« 【238冊目】方丈記 | Main | 【240冊目】人生愉しみの見つけ方―「いま」を充実させる100の逆転発想 »