« January 2005 | Main | March 2005 »

2005.02.28

【226冊目】日本史 宿命のライバル 

書籍情報


日本史 宿命のライバル PHP研究所編

出版社: PHP研究所
ISBN: 456955182
オススメ度 ★★★
互いを認め合い勝負を挑んだ英雄たち。



ほんのツブヤキ
碁敵は憎さも憎しまた恋し

天智天皇vs天武天皇
源 頼朝vs後白河法皇
源 義経vs梶原景時
足利尊氏vs楠木正成
武田信玄vs上杉謙信
豊臣秀吉vs徳川家康
西郷隆盛vs大久保利通
などなど、日本史上の宿命のライバルが、たくさん取り上げられた本です。

その中で、私が、面白いなと思ったのが、「谷風vs小野川」。
織田信長や、徳川吉宗などのビックネームにまざって、「谷風vs小野川」です。
谷風?小野川?誰、これ?って感じですよね。
(私が知らないだけでとっても有名な方々なのかもしれませんが。)

谷風、小野川は、共に江戸時代の力士。
谷風は、年2回の勧進相撲で、63連勝の記録を持つ 当時の最強力士です。
(当時は一場所8日間でしたので、ほぼ4年間負けなしだったということですよね。これは、すごい事です。)
で、その谷風の連勝を63でストップさせたのが当時はまだ無名の小野川。
無名の力士が、谷風の連勝をストップさせるという大番狂わせは、江戸中の評判になったそうです。

やがて、小野川が、その頃の相撲の最高位である関脇に上り詰め、名実ともに谷風と並び称されるようになると二人の取り組みは、『寛政の名勝負』とたたえられ、勧進相撲は大盛況。

この相撲人気は、江戸城中にまで聞こえるようになり、寛政3年 鎌倉・室町時代以来の将軍上覧相撲を行うことにつながって行きます。

この将軍上覧試合行うにあたって、それまでの角界の習慣やシステムが大きくかわっていくことに。

まず、寛政元年に、二人は、それまで前例のなかった横綱免許を受けました。
これを機に注連縄を腰にまとった「一人土俵入り」が始められ、「横綱」が力士の正装と定められました。
これは、江戸城に入るため、力士の正装を急遽しつらえる必要があったからなんだそうです。

翌2年、二人は、新設された「大関」の位につくことになります。
「横綱」の後に「大関」の位が作られたんですねぇ。
ちょっと意外でした。

そして、寛政3年、ついに江戸城にて将軍上覧試合が行われることになったのですが、その勝負の結果が、また、意外なもので・・・。
興味のある方は、調べてみてくださいね。

とにかく、この二人の力士存在が、現代に受け継がれて、国技とされている相撲のシステムを作ったともいえます。
好敵手といえば、決闘ばかりに目が行ってしまいますが、一方で、その存在は、文化を創造していくという側面もあるんですね。




わたしのヒラメキ



ライバルに恵まれるということは、自分を磨く良い機会に恵まれているということ。

よいライバルに巡り合いたいものですね。



<幸せな成功をつかむためのヒント>

良いライバルを持とう。





日本史 宿命のライバルに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.27

【225冊目】人間、この非人間的なもの

書籍情報


4480020225人間、この非人間的なもの
なだ いなだ

出版社: 筑摩書房
ISBN: 4480020225
オススメ度 ★★★
人間について考えてみたいかたに。



ほんのツブヤキ
お前は、それでも人間か。
おれは、これでも人間なんだ。

最近では、
奈良市の小学1年女児が誘拐、殺害された事件
大阪池田小学校内児童殺傷事件

ちょっとまえでは、
オウム サリン事件
酒鬼薔薇事件

もう少し遡って、
ナチズム
スターリニズム
などなど。

どれも、痛ましい事件です。
許せない事件です。

こんな事件が起こるたび、私たちは、『非人間的』という表現をしますよね。

『非人間的』

でも、でもね。
ちょっと考えてみてください。

これらの事件は、たしかに『非人間的』なことかもしれないけれど、まちがいなく人間がしでかした事件です。
あえて、誤解をおそれずに言ってしまうと こんな事件起こすのは、人間くらいのもんです。

だから、決して『非人間的』なことじゃない。
とおっても『人間的』なことだと思うのです。

『非人間的』と区別して、『人間的』な私から、隔離してしまうことは簡単ですよね。
だって、そうすることで、その事件と私との関わりは希薄になり、傍観者の立場のままでいられます。

けど、これって、とっても卑怯なことだと思いませんか。
「人間のやることで、人間的なものでないことはない」んですから。

「人間がなしうるすべてに、人間が責任を取る」
そんなシンプルな社会になっていかないかなぁ、していけないかなぁと思います。

今の社会、ちょっと複雑怪奇すぎです。(笑)



わたしのヒラメキ



逆に『人間的』とか、『人道的』とか言う言葉には、どこか崇高な感じがします。
ここで言う『人間』と言う言葉は、『人』というよりも、『神』のイメージに近いようです。

『人間は崇高でなければならない』という無意識の意思の表れなのかもしれませんが、資本主義に踊らされている現代では、『人間的』なことのほうが、よっぽど『非人間的』なことのように思えてきますよね。(笑)

私たちは、歴史のどこかで、『人間』としてのイメージを一人歩きさせ始めてしまい、今や『人間のイメージ』だけが、どんどん『神』に近づいて行っちゃってるようです。

『人間』とは、もっと身近な言葉であるはずです。
(だって、私たちのことなんですものね。)

私たちは、『人間』というものについて、考え直してみる時期に来ているのかもしれませんね。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

たまには、『人間』というものについて、
ちょっと考えてみよう。





人間、この非人間的なもの、なだ いなださんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.22

【224冊目】残業しない技術

書籍情報


4594047505
残業しない技術
梅森 浩一

出版社: 扶桑社
ISBN: 4594047505
オススメ度 ★★★




ほんのツブヤキ
「定時にサクっと」帰る21の技術!

たくさんの「定時にサクっと」帰る技術が紹介されていますが、朝、人より早く出社して、人より質の高い仕事を 人より多くやる・・・・といのが、基本のように思います。
その基本ができた上でのテクニックじゃないかなぁ。
ベースができていない上で、テクニックばかりに走っても・・・と思いますよ。




わたしのヒラメキ



やっぱり、早起きが基本でしょう。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

早起きは、3文の得





残業しない技術、梅森 浩一さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2005.02.21

【特別版】のび太の結婚前夜~ドラえもん (恋愛編)

書籍情報


B0000DJWI9
のび太の結婚前夜~ドラえもん (恋愛編)
藤子・F・不二雄 (

出版社: 小学館 ; ISBN: 4091940013
DVD:ポニーキャニオン - ASIN: B0000DJWI9
オススメ度 ★★★★★



ほんのツブヤキ
のび太くんを選んだきみの判断は正しかったと思うよ。
あの青年は人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ。

同じ本を2度紹介することなど、今後もほとんどないと思うのですが・・・・。

先日、TVで「のび太の結婚前夜」が放映されているのを偶然見ることができました。
(1999年に劇場公開された作品のようです。)
原作の漫画にいくつかのエピソードが付け足されていましたが、やっぱりこの作品は、しずかちゃんのパパに尽きるでしょう。

どういう展開になっていくのか分かっているのに、やっぱりラストでは、じ~んときました。
涙をこらえるのに必死でした。

「少しくらい寂しくったって、思い出がうめてくれるさ。」

私も、しずかちゃんのパパのような歳のとりかたをしたいなぁ。

世界に誇る「ドラえもん」の作品のなかでも、1,2位を争うような名作ですよ。

絶対オススメです。

詳細な解説は、haschikenさんのブログを参考に。
Ashiko K Milk



わたしのヒラメキ



「人の幸せを願い、人の不幸を悲しむこと」できますか?
それも、自然に。

とっても難しいことですよね。

「野比のび太」といえば、「ダメなやつ」みたいなイメージがありますよね。
ジャイアンやスネ夫に「のび太のくせに・・・・・。」っていじめられるくらいに。
(「○○のくせに・・・・。」って、なかなかすごい言い方だと 毎回思ったりもするのですが・・・。)

でも、のび太くんは、「人の幸せを願い、人の不幸を悲しむこと」ができる人間です。
たから、「のび太のくせに」世界中の人々から愛されています。

「野比のび太」っていう生き方も、捨てたもんじゃないと思っちゃいます。



<幸せな成功をつかむためのヒント>

「野比のび太」っていう生き方。
それも結構ステキかもしれない。





のび太の結婚前夜、藤子・F・不二雄さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.20

【223冊目】プチリタイヤ 夢リスト

書籍情報


4777100669
プチリタイヤ 夢リスト
石井 貴士

出版社: ゴマブックス
ISBN: 4777100669
オススメ度 ★★☆




ほんのツブヤキ
あなたの夢は何ですか?
それは、お金があればかなうものですか?
時間があればかなうものですか?
それとも・・・

夢には2種類あります。
「○○したい」という夢と
「■■になりたい」という夢。

「○○したい」という夢は、お金か時間があればたいていかなってしまうもの。
「アメリカに行ってみたい」とか
「良い車に乗りたい」とか。
決心ひとつで、叶えられる夢もかなりあるのではないでしょうか。

いっぽうで、「■■になりたい」という夢は、かなえるためには、努力を要します。
努力だけでなく、運も必要なときすらあります。
「内閣総理大臣になりたい」とか
「ブラックジャックのような外科医になりたい」とか。
「ヨン様の彼氏になりたい」とかだと、努力プラス相当の運が必要な気がします。

あなたの夢は、どんな夢ですか?
お金があればかなうものですか?
時間があればかなうものですか?
それとも・・・。



わたしのヒラメキ



「夢」というものには、いくつかのとらえ方、見方がありますよね。

たとえば、その夢がかなったとき、
達成感に包まれて、もう一段高いステージの新たな夢が出現してくるような「夢」と
達成感もつかの間、どこか心の中に喪失感が広がって、手に入れた夢を手放すまいとあがき、苦しんで、手に入れた夢そのものが苦痛に変化してしまうような「夢」。

夢とは、突き詰めてみれば、大抵が「私の小さな欲望」が正体だったりします。
この「私の小さな欲望」的な夢って、かなったのもつかの間、喪失感が広がってしまうような「夢」ですよね。
日常の中では、「私の小さな欲望」的な夢を叶えていくことも、ある意味大切なことだと思います。(その夢の価値、重要性はともかく、夢を叶えようと努力するプロセスはとっても大事なことだと思うからです。)
でも、それだけでは、自分の人生が味気なく思えてしまうときが、きっと訪れます。

一度、あなたの夢を棚卸してみませんか。
あなたが達成しなければならない「本当の夢」は、「私の小さな欲望」的な夢の山の中にきっと埋まっています。

それは、あっけないほど「単純な夢」かもしれません。
とてつもなく「困難な夢」かもしれません。

でも、その「本当の夢」を見つけ、その夢に向かって、一歩踏み出してみませんか。

幸せな成功は、きっとその夢の向こうで、あなたを待っているはずです。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

あなたの夢を棚卸してみよう。
あなたが達成しなければならない「本当の夢」は、「私の小さな欲望」的な夢の山の中にきっと埋まっています。





プチリタイヤ 夢リスト、石井 貴士さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【222冊目】暮らしの中の色彩心理

書籍情報


暮らしの中の色彩心理
相馬 一郎

出版社: 読売新聞
ISBN: 4643920211
オススメ度 ★★★
暮らしの中で「色」が、どんな風に生かされているか知りたい方に



ほんのツブヤキ
「いろ」には、いろんな意味がある。

人間の可視光線の波長領域は、400~700ナノメートル。
400ナノメートルが青紫で、700ナノメートルが赤。

わたしたちが、どんな色彩を感じるかは、どのような波長の可視光線が目に飛び込んできたかで決まります。

ですので、物理的には、色の違いは、光の波長が違うだけ・・・なのですが、心理的には、「波長の違い」だけでは、語りきれない違いがありますよね。

たとえば、
430ナノメートルあたりの短波長の「青」には、冷たい、男性的なイメージを受けますし、
700ナノメートルと長波長の「赤」には、陽気な、暖かいイメージを受けます。

一方で、
色彩がない「白」には、明るい、静的なイメージを
「黒」には、暗い、大人っぽいイメージを受けます。

このような色のイメージを、うまく商品、生活や、環境に生かしていくと 暮らしが、より楽しく快適なものにすることができますよね。



わたしのヒラメキ



「紫色」って好きですか?
紫色には、神秘、高貴というようなイメージがありますよね。
私は、ちょっと薄めの紫色が結構好きだったりします。

ところが、この紫色は、400~700ナノメートルの波長領域には、存在していない色らしいです。
ですので、太陽光をプリズムで分光しても、紫色は、出てこない。
波長400ナノメートルの青紫と700ナノメートルの赤が混色することによって、私たちの目に意識される色なんだそうです。

紫色って、イメージだけじゃなく、ほんとに神秘的な色だったんですね。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

色には、いろんな意味がある。





暮らしの中の色彩心理、相馬 一郎 さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.18

【221冊目】「私は結果」 原因の世界への旅

書籍情報


4062569043
「私は結果」 原因の世界への旅
森田 健

出版社: 講談社
ISBN: 4062569043
オススメ度 ★★★★☆
この世界の仕組みについて考えたい人に。



ほんのツブヤキ
「つまり極論を言ってしまえば、私たちの生きていく目的は幸せになるためではないと」
「幸せは前提です。」

1998年に発刊された森田健著「不思議の科学」の文庫版。

心霊手術、アガスティアの葉、テレポーテーション、体外離脱。
森田さんが、自身で体験した不思議現象を通して、この世界の仕組みを探った本。

モンロー研究所での体外離脱とその体験談が圧巻。
「ケンイチ」くんとの出会いにホロリとさせられ、
「ドアさん」との禅問答に考えさせられ、
「フォーカス35の彼ら」の説く、この世の仕組みに ほぅと膝をたたき。

心霊手術とか、体外離脱とか、信じない人でも、「この世の仕組み」について興味のある方には読んで欲しいなぁ。

この本は、心霊手術や、テレポーテーションなどの不思議現象の検証を目的とした本ではありません。
あくまでも、「この世の仕組み」を知るための手がかりやツールとして扱われているだけです。
ですので、最悪(こんなことを書くと著者の森田さんからお叱りを受けるかもしれませんが)、不思議現象のところは、作り話と割り切って読んでいただいてもいいかもしれません。
森田さんが、不思議現象の体験で、たどりついた結果は、とても興味深いものがありますよ。

ちなみに、本書に記載されている「いのちの世界」の図は、私の世界観のベースになっています。




わたしのヒラメキ



もう、6年もたつんですね。「不思議の科学」が発刊されてから。

この「不思議の科学」を発刊された後も、森田さんの探求は続いていています。
最近では、「運命を変える未来からの情報」を発刊され、「運命は決まっていた」ということを言われています。(株の暴騰を予知し、半年で総計1億4000万円稼いだりもしています。)

運命とは、なんなのでしょうか?
その運命に翻弄される私とは、いったい何なのでしょうか?

森田さんは、「運命は決まっている、けれど、運命を変えることもできる」ともいっています。
そういえば、巨人軍の桑田投手の体術(だったかな?)の師匠がこんなことを言っていたように思います。
「運命は、完全に決まっている、けれど、私たちは、完全に自由だ。」

運命に従えば、きっと未来は、決まっているのでしょう。
けれど、決まってしまった がんじがらめの世界から、抜け出すために、より自由になるために この世界に「人間」が現れたのではないでしょうか。

え?
だれが、がんじがらめの世界から抜け出して、自由になりたいと考えているのか、ですって?

それは、「この世界」そのものが、だと思います。

「自由」のひとつの側面に「選択肢がたくさんある」ということがいえると思います。

けれど、私たちは、齢を重ねるごとに「人生の選択肢」を狭めていっています。
一見、社会での地位が上がると「選択肢」が増えたような気がしますが、実際は逆の場合が多いですよね。
たしかに出世をすると裁量の幅が大きくなるので、会社の中での自由度は高くなりますが、「○○会社の▲▲部の部長」みたいに 自分がどんどん規定されていってしまいます。
「規定が多い」=「自由じゃなくなる」ということですから、「自由になりたい」という「この世の願い」からは、逆行することになりますよね。

「出世が悪い」とまでは、私 言い切れませんが、少なくとも、出世を人生の目的に据えてしまうと ひたすらに運命にもてあそばれるだけの人生になってしますような気がします。

齢を重ねるごとに「人生の選択肢」が増えていく、そんな年のとり方をしたいなぁ。



<幸せな成功をつかむためのヒント>

I am not anyone.
私は、他の誰でもない、私です。





「私は結果」 原因の世界への旅、森田 健さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【220冊目】対岸の彼女

書籍情報


4163235108対岸の彼女
角田 光代

出版社: 文藝春秋
ISBN: 4163235108
オススメ度 ★★★★☆
起業家の方には一読をオススメしたい。



ほんのツブヤキ
私って、いったいいつまでわたしのままなんだろう。

私たちは、何のために歳を重ねるのだろう。


第132回直木賞受賞作。

Amazonからの引用
『出版社 / 著者からの内容紹介
30代、既婚、子持ちの「勝ち犬」小夜子と、独身、子なしの「負け犬」葵。性格も生活環境も全く違う二人の女性の友情は成立するのか!? 』

今、流行の言葉「勝ち犬」、「負け犬」で、語るような作品じゃないです。
「出版社 / 著者からの内容紹介」に騙されてはいけない。(笑)
(多分、出版社の話題作り・販売戦略なんでしょうね。)


歳を重ねるにつれ、生活と言うしがらみが、まとわりついてきます。
社会的な責任が、のしかかってきます。
立場や権利を振りかざして、立ちふさがる者、奪い取っていこうとする人があらわれます。

そんなときだから、本当の友達が欲しい。
本当の友情が欲しい。

けれど、歳を重ねるにつれ、それは、とても難しいことに思えてくる。
今思えば、学生のとき、まだ、生活とか社会的責任のなかったときならば、簡単に得られた事のようにも思う。
当時は、当時で大変だったのではあるけれど。

似たような過ちを繰り返しながら、私たちはどこに行こうとしているのでしょうか?
似たような過ちを繰り返しながら、私たちは、何のために歳を重ねていくのでしょうか?

学生時代に似たような境遇にありながらも、本当の友情にめぐり合い、破綻の道を歩んでしまった葵。
本当の友情にめぐり合えず、本当の友情を求めつつも、生活の中に自分を埋没させてしまっている小夜子。
もとは同じ岸辺に立っていたであろう2人が、時を隔てて、立場を変えて、出会います。

人生の立場を変えながら、繰り返される出会い・すれ違い・過ち。

今は、対岸に立ってしまっている葵と小夜子。
はたして、葵と小夜子は、2人を隔てる川の橋の上で、手を取り合い微笑みあうことができるのでしょうか・・・・。



わたしのヒラメキ



高校時代のナナコと葵、現代の葵と小夜子、人生の立場を変えながら、同じようなすれ違いや過ちが繰り返されます。

せつないです。
やりきれないです。

私たちは、何のために歳を重ねるのでしょう。

ラストに近づくにつれ、なぜかしら、胸がじーんとしてきます。
そんな作品です。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

なぜ私たちは年齢を重ねるのか。
生活に逃げ込んで、ドアを閉めるためじゃない、
また出会うためだ。
出会うことを選ぶためだ。
選んだ場所に自分の足で歩いていくためだ。
(P282より引用)





対岸の彼女、角田 光代さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.02.16

【219冊目】自分をつくるための哲学―1ランクアップの人生のヒント

書籍情報


自分をつくるための哲学―1ランクアップの人生のヒント
山田 森一

出版社: PHP研究所
ISBN: 4569549128
オススメ度 ★★★
哲学のさわりを知りたい方に。



ほんのツブヤキ
自分にみあった哲学を確立してみよう。

悩んじゃう。
なんだか知らないけれど、悩んじゃう。
自分のこと、友達のこと、ご近所のこと、日本のこと、外国のこと。
勉強のこと、進路のこと、就職のこと、経営のこと、生活のこと。
悩み始めると、なんで、こんなに悩む種があるんだろうと思うくらい悩んじゃう。

悩むということは、人間の一種の性なのかもしれませんね。

そして、「なんでだろう」「なんでだろう」と 悩みに悩んでいると かならず行き着く問いがあります。
「そもそも『生きる』って、どういうことなんだろう。」
「今、私が生きている『この世界』って、いったいなんなのだろう。」

おそらく・・・ですが、ほとんどの人が、この問いに対する自分なりの答えを 無意識のうちに自分の中に持っています。
その「自分なりの答え」が、自分の変化や、外界の変化で、なんらかの影響を受け、揺らぎ始めたとき、その「揺らぎ」が、「悩み」というものとなって、人の意識上にあらわれてくるのだと思います。
「揺らぎ」を治めるためには、これまで意識してこなかった「自分なりの答え」に気がつく必要があります。

この「自分なりの答え」は、あなたが現在 意識していようと、意識していまいと あなたの生き方のベースになっています。
あなたの発想の、創造のベースになっています。

今、「揺らいで」しまってる方、また、そうでない方も、一度、『生きるとは?』『この世界とは?』という問いに対する『自分なりの答え』をはっきりさせてみませんか?
自分にみあった哲学を確立してみませんか?



わたしのヒラメキ



こんな話を聞いたことがあります。

ある経営者が、あの松下幸之助さんに「経営のコツを教えてください」と質問したところ、こんな回答があったそうです。

「人間とは何かを知ることと この宇宙とはなにかを知ること」

『生きるとは?』『この世界とは?』に対する答えは人それぞれのはずです。
そして、その答えは、イコールその人の価値観です。

『価値観』は、人が、ヒトであり、人間である上で、とっても重要なパラメーターだと思います。
(『価値観』について書き始めると長くなっちゃいそうなので、また、なにかの機会にでも書きますね。)

少し暖かくなってきたとはいっても、まだまだ寒い日が続きます。
外に出たくもないようなそんな寒い日に「こたつ+みかん」で「こたつむり」になりながら、ぼんやりと『生きるとは?』『この世界とは?』と考えてみる、のんびりと「哲学」してみるのも、ちょっといいかもしんないですね。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

寒い日には、のんびり「哲学」してみよう。





自分をつくるための哲学、山田 森一さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.15

【218冊目】間違いだらけの自己投資

書籍情報


4797327693間違いだらけの自己投資―「100万円かけて勉強する人」から「成長して1000万円儲ける人」になろう!
西田 光弘

出版社: ソフトバンクパブリッシング
ISBN: 4797327693
オススメ度 ★★★★☆
「自己啓発オタク」による「自己啓発オタク」のための本


ほんのツブヤキ
まずは、成功本を全部捨てたほうがいいよ。
成功したいなら・・・・ね。

あなたは、何故、成功本をよむのですか?

え!?
まあ、そう、そうですよね。
聞くまでもないですよね。
『成功したいから・・・』ですよね。

でも、なぜ『成功したい』んですか?

え?
「今がとても成功しているとはいえない状態だから・・・」ですか?
「今、私は成功していない」から、「明日、成功をつかむために」ですか?

・・・ということは、あなたは、成功本を読むたび、無意識に「成功していない自分」をイメージしちゃってるわけですね。

さて、ここで、数ある成功本に共通して書かれている絶対的なセオリーをご紹介。
『思考は、現実化する!!』

そう、思考は現実化するのです。

もし、あなたが、成功本を読むたびに 無意識に「成功していない自分」をイメージしているとすると、無意識に「成功していない自分」のイメージがインプットされちゃって、「成功していない自分」が、現実化されちゃうのです。

怖いですね。

だから、西田さんは、成功のためには、「成功したい」という思いを捨て、まず、「今の自分は成功者である」というスタンスに立つことが必要だと言います。

だから、成功のためには、まず、成功本を全部すてちゃえと言います。

え?
私ですか?
「じゃ、お前は、成功本、全部捨てちゃったのか?」・・・ですか?

・・・・・すてれません。
もったいなくって・・・。




わたしのヒラメキ



そもそも、成功とは何でしょうか?

西田さんの定義によると
成功とは、『前もって決めた自分にとって価値ある目標を段階を追って達成している状態のこと』を言うそうです。

とすると、成功を掴むためには、まず、自分にとって価値のある目標を立てる必要がありますよね。

あなたにとって、価値のある目標とはなんですか?


<幸せな成功をつかむためのヒント>

自分にとって価値のある目標は、なになのかはっきりさせよう。





間違いだらけの自己投資、西田 光弘さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (4) | TrackBack (1)

【217冊目】一日5分奇跡を起こす4行日記―成功者になる!「未来日記」のつくり方

書籍情報


4757301367
一日5分奇跡を起こす4行日記―成功者になる!「未来日記」のつくり方
小林 惠智

出版社: オーエス出版
ISBN: 4757301367
オススメ度 ★★★★



ほんのツブヤキ
未来のことを日記に書く。
それが、4行日記。

4行日記とは、読んで字のごとく、4行で完結する日記。
その4行は、次の4つの項目で構成されています。

■事実  :一日の中でこれはとても重要だと思う出来事を書く。
◆気付き :「あっ、そうか!」とひらめいたこと。
●教訓  : 気付きから学んだことを教訓にする。
★宣言  :明日は、できるようにようになりたいと思うことを できていることとして「宣言」する。

日記の中に ★宣言:未来のこと が書かれていることがポイントですね。

日記と言えば「3日坊主」に終わってしまうことが多いですよね。
でも、この4行日記なら、続けていけられそうな気がします。



わたしのヒラメキ



4行日記は、構成が簡単ですので、比較的 苦もなく継続していける日記だと思います。
それに、この日記は、続けていくことで、しだいに自分の夢や目標がはっきりしてくる効能があるようです。

日記は、自分を知るには、良いツールです。
うまく活用すれば、自分の夢や目標に気付くことができます。

成功のためには、まず自分の夢や目標をはっきりさせる必要があります。

自分の夢や目標がはっきりしていない人は、まず、日記をつけることから始めるといいかもしれません。



<幸せな成功をつかむためのヒント>

日記をつけよう。
3日坊主なあなたは、4行日記から。





一日5分奇跡を起こす4行日記、小林 惠智さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.12

【216冊目】運命の法則―「好運の女神」と付き合うための15章

書籍情報


4870316455運命の法則―「好運の女神」と付き合うための15章
天外 伺朗

出版社: 飛鳥新社
ISBN: 4870316455
オススメ度 ★★★★☆



ほんのツブヤキ
好運は、意図的に招きよせることができる。

この本は、ソニーにおいて、『CD』や『AIBO』の開発責任者であった著者が、自身の体験をもとに見出してきた「運命の法則」を紹介した本です。

この世の中には、運命の流れはたしかに存在しています。
その運命の流れそのものを私たちは感じることはできませんが、その流れの表面に当たるであろう「フロー」の部分は、感じることができるそうです。

ボーッとして、雑念が出るに任せているとき、これが「浅いフロー」を感じているときで、
「深いフロー」を感じているとき、人は、「集中・うきうき・雑念なし・時間観念の喪失・自分自身の感覚の喪失・自分が有能である自覚・周囲の環境との一体感」な状態になるそうです。

これは、岡本史郎さんが「成功はどこから来るのか」に書いていた「あいつ」がきたときのことと同じことなんでしょうね。

このフローの状態になると「偶然の一致」が次々と起こり、ラッキーなことが続出するそうです。



わたしのヒラメキ



運は、常にあなたの味方をしています。
運命が、あなたを見放すことは絶対にありません。

だから、不運なとき、じたばたしてはいけません。
幸運なとき、思い上がってはいけません。

ただ、自分の運命を信頼して、身をゆだねましょう。
自分の宇宙を信頼して、自らを明け渡しましょう。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

自分の運命を信頼し、運命に身をゆだねてみよう。
運命が、あなたを裏切ることは、絶対にありません。





運命の法則、天外 伺朗さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.11

【215冊目】デカい態度で渡り合え!―世界中で通用する人間関係10のルール

書籍情報


4894511479<デカい態度で渡り合え!―世界中で通用する人間関係10のルール
近藤 藤太

出版社: フォレスト出版
ISBN: 4894511479




ほんのツブヤキ
近藤 トウタ
かっこいい人だなぁ。

神田昌典さんのブログで、近藤トウタさんのことを知り、本書を手に取りました。

私は、よく増田俊男さんの著書を読みます。
増田俊男さんのかかれる本には、独特の雰囲気と香りがあるのですが、本書「デカい態度で渡り合え!」からも、同じような雰囲気と香りを感じました。

私たちは、普段、自分が日本人だということを あまり意識していません。
が、それゆえに、日本を飛び出して、異国の文化と触れ合ったり、外国で生活を始めたりすると 「自分は日本人である」という自意識に目覚めるようです。

増田俊男さんも近藤トウタさんも、アメリカでビジネスのベースを作り、日本に戻られたかたです。
アメリカにわたり、本当のアメリカを知ることで、「日本人の自覚」に目覚めたかたです。

増田俊夫さんや近藤トウタさんの著書から感じる独特の雰囲気と香りは、「私は日本人である」という誇りと自信なんだろうなと思ったりします。

近藤トウタさんが、「世界中で通用する人間関係10のルール」を本書の中で紹介しています。

1.真剣に「他人」に関心を持て。そして、他国の歴史、文化などにも関心を持つこと。
2.他人の観点に立って物事を見ること
3.他人の利益または、興味に沿って話をすすめること
4.話し上手よりも聞き上手
5.本の小さな親切でも心を込めて感謝をしましょう
6.他人の長所を見出して「ヤル気」を起こさせること
7.相手をほめて重要感を与えましょう。ただし、心にもないことを言ってはいけません。
8.自分が間違っていると分かったときにははっきりとその場で「非」を認めること。
9.他人の名前を頑張って覚えること。
10.自分に授かったもの(健康、家族、能力、仕事など)を数えて感謝すること。

この10のルールをあなたの「第二の天性」となるまで実践できれば、あなたは、世界のどこの国に赴かれても敬愛される人物になれるそうですよ。



わたしのヒラメキ



カーネギー財団研究開発部が、世界各国の1000万人近い人物を対象とし、人間の本性について調査したところ、その結果は、次の一言に凝縮されました。
人間の本性は「自己中心主義(Self-Centered)」である。

古今東西、人間は、わがままなんですね。



<幸せな成功をつかむためのヒント>

人間は、「自己中心主義」なものです。
だから、「自己中心主義」な私を認めてあげましょう。
「自己中心主義」なあなたも、認めてあげましょう。
お互い「自己中心主義」な自分を認め合いましょう。



オススメ度
★★★★


デカい態度で渡り合え!、近藤 藤太さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005.02.04

【214冊目】幸せな宝地図であなたの夢がかなう―きっと! 今日から人生が変わる

書籍情報


4901465759
幸せな宝地図であなたの夢がかなう―きっと! 今日から人生が変わる
望月 俊孝

出版社: ゴマブックス
ISBN: 4901465759




ほんのツブヤキ
【宝地図】
それは、あなたが心から手に入れたい財宝が隠されている地図のこと。

大きな紙に自分の夢を書き込み、イメージや写真を貼っていく。
そして、そうやって創った「宝地図」を部屋に飾って毎日眺める。

そうするだけで、あなたの夢が叶う…。
「宝地図」が、あなたを財宝のありかに導いてくれます。

そんな「宝地図」をあなたも創ってみませんか?



わたしのヒラメキ



成功を掴むコツは、
「目標を明確にしたうえで、必要なことをして、信頼して待つこと。」

それには、「宝地図」は、とっても良さそうなツールです。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

あなたの夢を形にしてみよう
それには「宝地図」が、良いツール。



オススメ度
★★★★


幸せな宝地図であなたの夢がかなう、望月 俊孝さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (6) | TrackBack (1)

2005.02.03

「成長」ついての一考察

CONCEPT」の有楽斎さんのこのエントリーにコメントを書き始めたら、思いっきり長文になったので、こっちに引っ越してきちゃいました

それでは、稚拙ながら、私の考えをば。

「成長」には、「できることが増える」という意味合いがありますよね。
で、「できることを増やす」には、2通りの道があると思います。

Continue reading "「成長」ついての一考察"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

【213冊目】速効ビジネス

書籍情報


4894511835速効ビジネス―あなたの経験が現金に変わる!
平 秀信

出版社: フォレスト出版
ISBN: 4894511835




ほんのツブヤキ
あなたの経験をお金に変えよう。

「コンテンツビジネス」
それは、リスクゼロで利益率80%を見込めるビジネス。(ホントは、いくつかのリスクはあるんですけどもね。)
同業者から感謝され、WIN-WINの関係を築けるビジネス。

なんだか、ものすごいビジネスですよね。

で、この「コンテンツビジネス」って、どんなビジネスなのかというと「自分の成功事例・ノウハウをマニュアル化し販売する」というもの。

「え~、そんな成功事例やノウハウなんか持ってないよ~。
 どうやったら、作り出せるの~?」

いえいえ、ノウハウは、新しく見つけたり、作り出したりするもんじゃありません。
あなた自身が今やっている仕事の中から、見つけだすんです。
きっとあります。

売れるノウハウの見つけ方は、まず「同業者にやられたら、泣きべそをかいてしまうこと」や、「夜も眠れないほど困っていること」を考えて、少なくとも30個ピックアップしてみる。
次にこの30個のなかから、「本質的で、中心的で、最重要」なものを選ぶ。
最も「お客様の得になること」を選ぶ。
はい。
それが、あなたの売れるノウハウです。

さあ、あなたの知識と経験を世に出してみましょう。
そして、あなたの知識と経験でお金を儲けてみましょう。



わたしのヒラメキ



私もなにか「コンテンツビジネス」やってみようかなぁ。
(すぐにその気になる私。)


<幸せな成功をつかむためのヒント>

あなたの知識と経験を世に出そう
そうすることで、廻ってくるものがある
つながり始めることもある



オススメ度
★★★★☆


速効ビジネス、平 秀信さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.02

【212冊目】ぼくを探しに

書籍情報


406112983Xぼくを探しに
シェル・シルヴァスタイン, 倉橋 由美子

出版社: 講談社
ISBN: 406112983X





ほんのツブヤキ
何かが足りない
それでぼくは楽しくない
足りないかけらを探しに行く

パックマンみたいな「ボク」が、足りない自分のかけら(「missing a piece」)を探して旅に出る。

花と出会い。
蝶と戯れ。
カブトムシと競い。
そして、長い、長い旅の末、ボクは、ついに自分のかけらと出会う。

念願かなって、かけるところのない完全な自分になったボク。
そして、気付いた大切なこと・・・・。

最後のシーンで、涙しそうになった人は、きっと私ひとりじゃないはずだ!!

ビッグ・オーとの出会い―続ぼくを探しに」も、おすすめ!!



わたしのヒラメキ



かけたところがあったって、
あなたは、あなたのままでいい。
私も、私のままでいい。

だって、あなたは、あなた。
私は、私、なんだもの。



<幸せな成功をつかむためのヒント>

かけたところがあったって
あなたは、あなたのままでいい。
だって、あなたは、あなた。
あなたは、あなた なんだから。



オススメ度
★★★★★


ぼくを探しに、シェル・シルヴァスタインさんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.02.01

【211冊目】あの樹に会いに行く

書籍情報


4635310183あの樹に会いに行く
細川 剛

出版社: 山と渓谷社
ISBN: 4635310183







ほんのツブヤキ


青森県八甲田に広がる森の中のとある1本のブナの樹に四季を通じて通い、その樹を通して森と自然を見続けた17カ月の記録。

細川さんの文章と本の各所にちりばめられた写真があいまって、なんだか自分も森の中にいるような錯覚がしてくる本です。

土の湿った香り。
木々のざわめき。
そして、森の中特有のなんともいえぬ静けさ。

”しーん”、そんな音が聞こえてきたような気がします。



わたしのヒラメキ



森の中のある一本の樹に会いに行く。
ただそれだけのこと。

けど、「それだけのこと」を続けているうちに、以前は、気付きもしなかった風景に気がつきだす。
新しい風景に出会うようになる。
いつもわたる橋の横に咲いている小さな花。
川の流れ、水の音。
季節に鳴く鳥。香る花。
はじめは、「小さな興味」だったものが、いつのまにか「関係」にかわっていく。

森の中のある一本の樹に会いに行く。
ただそれだけのこと。

「それだけのこと」が、いつのまにか、筆者と森との間に「関係」を生み出した。
そして、その「関係」は、筆者を変えていった。

それは、小さな「出会い」だったと思う。
きっと、ささやかな「関係」だったろう。

けれど、その「出会い」「関係」は、筆者を大きく変えた。
とってもいい感じに。

ささやかだから、気がつかないこと
でも、
ささやかだから、大切なんだなぁ。


<幸せな成功をつかむためのヒント>

小さな出会いを大切にしよう。
ささやかな関係に気付こう。
小さいからこそ、
ささやかだからこそ、
それは、あなたを 
大きく変化させてくれる。



オススメ度
★★★


あの樹に会いに行く、細川 剛さんに興味をもたれた方
管理人の一番の励げみとなる、応援のクリックお願いします!
▲▲▲BlogRankingへ応援のクリック▲▲▲



peko

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »