« 【169冊目】「捨てる!」技術 | Main | 【171冊目】バカの壁 »

2004.11.18

【170冊目】生きるヒント (4)

4041294274.jpg
生きるヒント (4)
五木 寛之

周囲の皆が快活で自分だけが暗いと比較するのではなく、思い悩むこと、弱音を吐くことで救われていく自分の心を信じ、みつけ、自分の足で歩いてみよう。
あなたの生活にヒントを提案する珠玉のエッセイ第四弾。

「選ぶ」という章に 「ゾウの時間 ネズミの時間」という本が紹介されています。
この本によるとゾウも、ネズミも、人間も、およそ哺乳類とよばれる動物は、一生の間に5億回呼吸を行い、それで終わりになるらしいです。
五木さんは、自分が1分間に12回くらい呼吸していると目安をつけ、5億回呼吸で一生が終わってしまうと仮定した場合、自分は何歳まで生きられるのかを計算されています。
その答えは、約79.3年。
けっこう妥当な数字がはじき出されてきています。
意外と(というとかなり失礼ですが・・・)、5億回呼吸一生説というのは、信憑性が高いのかもしれません。

たしかに健康につながる運動には、細く長くゆっくりとした呼吸を促すものが多いですものね。

<オススメ度 ★★★☆>

|

« 【169冊目】「捨てる!」技術 | Main | 【171冊目】バカの壁 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10912/2001164

Listed below are links to weblogs that reference 【170冊目】生きるヒント (4) :

« 【169冊目】「捨てる!」技術 | Main | 【171冊目】バカの壁 »