« ありがとう血盟フォトリーディングイベント | Main | PC壊れちゃいました »

2004.10.22

【159冊目】パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学

488320300X.jpg
パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学
デヴィッド・R. ホーキンズ (著), エハン デラヴィ , 愛知 ソニア (翻訳)

私たちの肉体には「虚偽」と「真実」をはっきりと見分ける才能があるそうです。

この才能~キネシオロジー反応~を利用して計測したエネルギーフィールドの値が本書のなかにたくさん記載されています。

恥が20で、勇気が200、愛が500で、覚醒した悟りの境地が1000。

合衆国憲法が、700というのは意外だったなぁ。
こんなに いい憲法持ってる国が、どうこうして無茶をするんだろ?

ま、それはさておき、現在の人類の集合意識のレベルは207。
エネルギーレベルが、「(人から命とエネルギーを奪う)フォース」から「(人を強くする)パワー」に展開されはじめるくらいのところにあります。

この人類の集合意識のレベルは、あがったとしても、一生涯で5程度しか上昇しないものなんだそうです。

でも、もっとレベルを上げたいですよね。
レベルを上げることが、みんなの幸せにつながるのなら、アップさせたい!

では、どうしたらいいのでしょうか?
意識の進化を促進するためにはどうしたらいいのでしょうか?

意識のレベルの上昇に重要なことは、『意欲的な態度』なんだそうです。
そして、この『意欲的な態度』は、心が謎や矛盾に挑戦するとき自発的に生じてくるものだそうです。

『意欲的な態度』で、愛と無条件の許しをライフスタイルとして受け入れて、例外なしにすべての人々や物ごと、出来事に対して無条件のやさしさを心がける。
すると、知覚は進化し、今までと異なるもっと恵み深い世界を経験し始めるのだそうです。

「今までと異なるもっと恵み深い世界」
う~ん。そんな世の中に 是非していきたいですね。

<オススメ度 ★★★★>

|

« ありがとう血盟フォトリーディングイベント | Main | PC壊れちゃいました »

Comments

う~ん。
難しい本でした。

フィーリングでは、結構わかったのですが、それを改めて自分の言葉にするのにとても苦労させられる本でした。

フォトリーディングに要した時間は下記の通り。

準備(1分)→予習(2分)→フォトリーディング(5分間で40回くらい本をペラペラしました。)→復習(4分)→ 活性化(マインドマップを書きながら、6分+10分+10分)→ 活性化しても良く分からなかったところがあったので、ディッピング+高速リーディング 20分

合計58分

目標30分と言いながらも、一時間近く掛かってしまいました。
ちょっと反省。

Posted by: 流嶺 | 2004.10.22 at 12:15 AM

流嶺さんこんにちは

>フィーリングでは、結構わかったのですが、
>それを改めて自分の言葉にするのにとても
>苦労させられる本でした。

まさにそのとおりでした。
私も本の内容自体は文章化が難しかったので、感じたことをわかってもらうためにマインドマップをそのまま提示するという方法をとりました。
なんと表現したらよいのかわかりませんが、フィーリング自体はわかるということが、まさしく「パワー」なのかもしれませんね。

「意欲的な態度」、常に意識していこうと思います。

Posted by: NERO | 2004.10.22 at 11:32 PM

NEROさん こんにちは

NEROさんのマインドマップ 素敵ですねぇ。
感心してしまいました。

私のなんか、ほんとぐちゃぐちゃで・・・。
お恥ずかしい限り。

それから、シントピックリーディング。
私も、いつかやってみたいと思っています。
本を書くときなんかにとても有効なツールらしいですね。

Posted by: 流嶺 | 2004.10.23 at 02:17 AM

流嶺さん。はじめまして。レスありがとうございました。
『意欲的な態度』は、無心ですね。まっすぐです。無駄なものがない。自分の心の中になる本質的なものが、素直に露呈する態度とも言えるのではないでしょうか。「意欲的な態度」の人々が水平に連結するとき、そこにはお互いの普遍的なものが見える。そこがスタートなのかなぁ、とも思っています。

ちなみにBLOGのコメントやトラックバックは、そんなためのものと言いきっても良いのかな、と思います。

これからもよろしくおねがいいたします。

Posted by: 1000マイル | 2004.10.23 at 08:00 AM

流嶺さんこんにちは

メセニです。
コメントいただき、ありがとうございます。

むずかしい本でしたね。同感です。

よく分かっている翻訳された方のところに
押しかけたくなりますよね。

しかし、感覚的にでも、非常に学びの多い
本だという印象を持ちました。

では、また。

Posted by: メセニ | 2004.10.23 at 03:54 PM

 さすが流嶺さん!
 でもわかりやすいコメントでした^^
 この本を読んだことがない方に
 こんな本なんだよっていうことが
 伝わるような感じですね^^
 お見事です!

 有楽斎

Posted by: 有楽斎 | 2004.10.24 at 05:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10912/1741147

Listed below are links to weblogs that reference 【159冊目】パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学:

» 達人 トム・クルーズ [五臓六腑]
先日、フジTVの「めざましTV」でトム・クルーズのインタビューが 放映されていた。とにかくかっこいい。輝いていた。オーラが。。。。。 で、そのインタビュ... [Read More]

Tracked on 2004.10.23 at 08:56 PM

» 占い師の思いつき~モノとカラダの相性チェック~ [占い師の囁き]
ちょっと登戸で新企画を考え付いた。それは、「食品や化粧品など、自分の身体に関する品物と自分の身体との相性を鑑定する」というもの。いわば「モノとカラダの相性チェッ [Read More]

Tracked on 2004.10.30 at 01:56 AM

« ありがとう血盟フォトリーディングイベント | Main | PC壊れちゃいました »