« July 2004 | Main | September 2004 »

2004.08.31

【127冊目】ことばのご馳走 (4)

ことばのご馳走 (4)
金平 敬之助 (著)

『ことばのご馳走』シリーズの第4弾。心を癒す137のお話。
日常のさりげない言葉が、そのさりげなさゆえに心にしみます。

ちょっとドキッとした言葉。
リーダーであることの恐さは、この言葉に尽きます。

「土井監督の下にいたイチロー。
 仰木監督の下にいるイチロー。
 同じイチローであって、同じではない。」

心が暖かくなって、なんだか勇気がわいてくる「明るく生きる名人」 宇野千代さんの言葉。

「私は幸せ、いまも、むかしも、これからも」

「なんだか、心が疲れたなぁ」って思ったとき、オススメの本。
心があったかくなりますよ。

オススメ度 ★★★★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.30

『●●は、私の本質である。 ●●は、私を押し流す川だが、その川こそが私である。』

メルマガ「1000冊の本で幸せな成功を・・・」第2号の宿題(?)ですが、

『●●は、私の本質である。
 ●●は、私を押し流す川だが、その川こそが私である。』

●●にどんな言葉が入ると思いますか?

もし、よろしければ、あなたの思いついた言葉をコメントに投稿してみてください。

いただいたコメントは、次回のメルマガで、紹介させていただこうかと考えています。

(メールマガジンへの記載は不可 というかたは、お手数ですが、コメントのところに「メルマガへの記載不可」と記入してください。
「メルマガへの記載不可」と記入がない場合には、メルマガへの記載に同意いただけたものと判断させていただきます。)


9月3日ころまで、ということで。
よろしくお願いします。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.08.29

【126冊目】中谷彰宏の時間塾

中谷彰宏の時間塾
中谷 彰宏 (著)

時間を増やす101の方法を解説。

忙しさの中に なんとか時間を作り出す一番の方法は、
「自分が、本当にやりたいことを見つけること。」
です。

本当にやりたいことが見つかれば、時間は、自然とできてきます。

忙しくってどうしょうもないときにでも、趣味のゴルフや魚釣りなどに出かけるための時間を捻出できた経験、あなたにもあるのではないですか?

要は、そういうこと。

なにを さておいても、やらなければならないことができた時には、大抵の場合、なんとか時間は作れてしまうものなのです。

忙しくって、なにもできない・・・と嘆いているあなた。
あなたは、自分が本当になにをやりたいと感じているのか知っていますか?

オススメ度 ★★★☆

| | Comments (1) | TrackBack (0)

【125冊目】「書く」マーケティング―「商品」「サービス」「自分」を売り込む

4756907806.jpg
「書く」マーケティング―「商品」「サービス」「自分」を売り込む
堀内 伸浩 (著)

「書けば売れるとは限りませんが、書かなければ絶対に売れません。」
この本は、売れるための文章が書けるようになる本です。


文章を書くコツや、キャッチコピーの作り方のコツが、具体的なテクニックとともに とてもわかりやすく書かれています。

私のようなライティングの基礎を学びたい初心者には、オススメの本です。


オススメ度 ★★★★

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.08.28

【124冊目】タイムシフティング―無限の時間を創り出す

414080310X.jpg
タイムシフティング―無限の時間を創り出す
ステファン・レクトシャッフェン (著), 高瀬 素子

効率をアップさせるための時間管理法ではなく、人生を十二分に楽しむための時間意識法について書かれた本。

「命は限りあるもの。
たから、自分の人生を最大限活用することは、目いっぱい活動をつめこむことだ。」
そう信じて、私たちは、生活のリズムをあげて、突っ走ってきました。

けれど、その結果得られたものは、むなしさと不満。
そして、目いっぱい活動活動しているにもかかわらず、経験は、どんどん乏しくなってくる。

現代のリズムは、明らかに自然に反していると言えます。

そもそも、幸福には、幸福のリズムがあるのです。
幸せを得ようとするならば、人は、幸福のリズムを感じ、自分の外側や、内側のリズムの設定を 幸福のリズムに なんとか変えていこうと努力する必要があるのです。

では、どうやったら自分のリズムを幸福のリズムに変えることができるのでしょうか?
その方法が、タイムシフティングのテクニックとして、本書で紹介されています。

人が生きる場所は今だけです。
今をつかみ損なえば、人生そのものをつかみ損ねてしまいます。

時間を忘れてしまうくらい、今に入り込んで生きてみましょう。
ドキドキ、ワクワク、本当にやりたいことに集中してみましょう。

時間に包み込まれ、時間と一体化したとき、あなたは、時間を忘れてしまいます。
そして、そのとき、きっと あなたのリズムは、幸福のリズムと同調しているはずです。

オススメ度 ★★★★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【123冊目】インターネットは儲からない!

4822242358.jpg
インターネットは儲からない!
橘川 幸夫 (著)

高度資本主義経済の先端部分から生まれたインターネット・ビジネスという状況について論及する一書。

インターネットにより、社会は、『つながりっぱなしの社会』になった。

『つながりっぱなしの社会』では、自分だけが豊かになれば、それで幸福だと思える考え方は効果を失ってくる。
なにしろ他人と『つながって』いるのだから、他人事が、他人事でなくなってしまう。

来るべき「参加型の社会」における幸福の形はどんなだろうということを インターネットというツールを通して考えるきっかけを与えてくれる本です。

オススメ度 ★★★★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【122冊目】行列のできるメルマガ作成入門

4798106496.jpg
行列のできるメルマガ作成入門
高橋 浩子 (著)

これからメルマガを始める人に向けて、具体的な作成フローをわかりやすく解説し、実用的なノウハウを公開。

メルマガ初心者にオススメするなら、「この本」ですね。
メルマガのノウハウがぎっしり詰まった「メルマガ完全作成マニュアル」です。

冒頭の本田健さんや岡崎太郎さんなど メルマガ成功者5人へのインタビューも、成功の裏側にある戦略や成功の秘密がわかって、とてもおもしろいです。

オススメ度 ★★★★

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.08.24

【121冊目】参謀学―戦略はいかにして創られるか

4788796295.jpg
参謀学―戦略はいかにして創られるか
加来 耕三 (著)

いかなる企業環境下であっても、自己にとって満足できる仕事が長期にわたってできるように 「参謀学」82ヶ条を紹介。

中国の三国志時代、日本の戦国時代を中心に具体的な例が豊富で、また、10数冊からの兵法書からの引用も多く、歴史・兵法に興味のある人にとっては、ただなんとなく拾い読みしているだけでも、いろんな歴史上のエピソードにであえて、とても楽しい本。

もちろん、戦う前の「軍師」心得8ヶ条、柔軟こそ勝因など、ビジネスに応用の利く事例も多いですよ。


オススメ度 ★★★☆

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.08.23

【120冊目】起業家に必要なたった一つの行動原則

4478731551.jpg
起業家に必要なたった一つの行動原則
福島 正伸 (著)

事業の成否はそこに関わる人がどのような「思い」を持っているかで決まる。
「思い」の不思議さをいくつかの具体的な事業モデルをもとにして解明、検証を試みた本。

強い思いを持つとその思いは、熟成・発揮・伝播・吸引・実現の5つのステップを経て実現していく。

オススメ度 ★★★☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.22

『インターネットは●●する場所ではなく、◆◆する場所である。』

メルマガ「1000冊の本で幸せな成功を・・・」第1号の宿題(?)ですが、

『インターネットは●●する場所ではなく、◆◆する場所である。』

●●、◆◆にどんな言葉が入ると思いますか?

もし、よろしければ、あなたの思いついた言葉をコメントに投稿してみてください。

いただいたコメントは、次回のメルマガで、紹介させていただこうかと考えています。

(メールマガジンへの記載は不可 というかたは、お手数ですが、コメントのところに「メルマガへの記載不可」と記入してください。
「メルマガへの記載不可」と記入がない場合には、メルマガへの記載に同意いただけたものと判断させていただきます。)


8月27日ころまで、ということで。
よろしくお願いします。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.08.21

【119冊目】わかった!運がよくなるコツ―ウソだと思ったら、ためしてみよう

4331509273.jpg
わかった!運がよくなるコツ―ウソだと思ったら、ためしてみよう
浅見 帆帆子 (著)

浅見 帆帆子さんの2冊目の著書。

自分のまわりに起こることは、良いことも悪いこともすべて自分が決められる・・・。
わかりやすい文体とかわいいイラストで、人生を楽しく生きる方法が書かれています。

この本を読んで、ぜひ1冊目も読んでみたくなりました。


自分の回りに起こることは、全部その人の精神レベルで決まる。
運のいい人というのは、この精神レベルの高い人のことをさしていて、運がよくなるためには、精神レベルを高くする必要がある。

では、精神レベルを高くするには、どうしたらいいか?
それは、心の中を いつも明るく楽しく維持して「プラスのパワー」をためることだと筆者は言っています。

そして、精神レベルを上げて楽しく過ごしていくことを 人間らしいやっかいな問題が起こる日常生活で実践してこそ意味があると言います。

日常生活で、「ささいなことにイライラしない」「笑顔であいさつする」など、ささやかなことを積み重ねていくことこそが、幸せになるために必要なことなんですね。
なにも特別なことを実践する必要などないようです。

オススメ度 ★★★★

| | Comments (3) | TrackBack (2)

2004.08.20

今年のプロ野球

ちょっと 阪神の優勝は、厳しい状態になってきましたね。

ちなみに 私は中日ファンで、そういう意味では、今年は非常にハッピーな年になりそうなのですが、今年の中日は、ドラゴンズファンの私から見ても、なんで こんなに勝っているのか よくわかりません。
ぜんぜん打てないし(その割には、いつの間にか得点を重ねているし)、投手力も、ずば抜けて言い訳ではないし。
まあ、守備は、ものすごく堅いことは、素人目にも良く分かるのですが。

なんだか、優勝しちゃいそうですが・・・・。

う~ん、なんでだろ?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.08.19

【118冊目】「今年も阪神優勝!」の経済学

4334032443.jpg
「今年も阪神優勝!」の経済学

子供の頃から大のタイガーズフアンの経済学者の書かれた本。

経済学の観点から、2003年の阪神優勝を見事に予測されていたそうです。

球団単独の採算で見た場合、巨人の場合は、「勝つこと」が、「もうかること」につながっているが、阪神の場合、「勝つこと」と「もうかること」は別で、最下位に低迷していたときのほうが利益水準が高く、経営的には良好であった。
タイガースの場合、負けても甲子園に通うファンが約190万人いて、このファンを前提に考えると 選手補強を行なわず、できるだけコストを抑えるほうが採算が良くなるので、どちらかというと「負けたほうが儲かる」球団なのである、そしてそれが長年の阪神の低迷の原因であると 筆者は、経済学の観点から指摘しています。

なるほど。

プロ野球ファンの方には、経済学が身近に感じられて良い本です。

オススメ度 ★★★☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.18

メールマガジン登録のお願い

「Macky!」より、メールマガジンを発行することにしました。

是非、読者登録お願いします。

あまりに 読者登録数が少ないと ちょっと悲しいので。

お情けでも結構ですので、よろしくお願いいたします。
(ちょっと弱気・・・・。)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

「1000冊の本で幸せな成功をつかもう!」メールマガジン

『1000冊を突破すると、新しい本を読む度に、 あなたが蓄積してきた今までの知識と 化学反応を起こすようになります。』
                   by牧野真さま


読書も1000冊を超えると 自分の中で、知識が知恵に化学変化するようですね。


「1000冊の本で幸せな成功をつかもう!」ウエブログのメールマガジン版です。
 サイトの一週間のダイジェストをお伝えします。
あなたも一緒に幸せな成功をつかみましょう!

 配信ペース      : 週一回発行
 発行者名       : 流嶺
 発行者メールアドレス : VZP04416@nifty.ne.jp
 発行者ホームページ : http://ronbook.air-nifty.com/ronbook/

 登録解除はこちらから


購読
解除



 Macky ! : メールマガジン立ち読みスタンド


 

■ サンプル ■



[No.2] 1000冊の本で幸せな成功を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆メルマガ「1000冊の本で幸せな成功を・・・」第2号はここからです。◆
━━━━━━━━━━━━━━━━「1000冊の本で幸せな成功を・・・」━━
http://ronbook.air-nifty.com/ronbook/

───────────────────────────────────
◆◆--幸せな成功をつかむための読書録-------------◆◆
◆◆                        2004.08.29発行
    【  1000冊の本で幸せな成功を・・・  】  <第2号>
              http://ronbook.air-nifty.com/ronbook/
         知識を知恵にかえて、幸せな成功をつかみましょう!
                 発行者:流嶺 発行部数 19部 ◆◆
◆◆------------------------------◆◆

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
このメールは、御購読登録をされた方にのみ配信させていただいており
ます。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◆今回も、メルマガ「1000冊の本で幸せな成功を・・・」を御購いただき、
 まことにありがとうございます。

◆すべてのモノは、らせん状に進化をとげる。スパイラルアップしていく。

◆いま、我が家では、夏風邪が、見事なスパイラルアップをとげています。
 コトの発端は、私がひいた夏風邪。
 それが、まず次男にうつって、次に家内、ついには、長男までもがダウンし
 てしまいました。

◆しかも、うつるたびごとに 夏風邪は、その破壊力を増しています。
 
◆それが、また、私のところに戻ってきました。
 見事なスパイラルアップをとげて。
 (いや、こういうのは、スパイラルアップって言わないのかもしれませんが。)

◆みなさんも夏風邪には、気をつけてくださいね。
 ホントしつこいし、なかなか直らないですから。

◆ところで、この我が家の夏風邪のスパイラルの輪の中に 長女だけは、幸運なこ
 とに入らずにすんでおります。

◆しかし、長女には、それが、自分だけ仲間外れにされているかのように感じてい
 るようで、「私も風邪をひいた・・・。」と かかってもいないのに風邪をひいた
 ふりを始めました。

◆これは、これで、なかなか複雑な心境ですねぇ。


◆先回、ちょっとした宿題をださせていただきました。

 『インターネットは●●する場所ではなく、◆◆する場所である。』

 この●●や◆◆には、どんな言葉が入ると思いますか?
 ちょっと考えてみてください。
 ・・・・ってヤツです。

◆まだ、考えてないや・・・というかたは、ここで、少し考えてみませんか?

◆この文は、私が読んだ本から引用してきた文です。

 このメルマガのもうすこし下の部分に●●や◆◆もきちんとかいた文をのせ
 てあります。

 もちろん、それが、正解というわけではありません。
 あなたが思いついた言葉で、全然OK。
 100点満点の大正解です。

 ただ、
 この文の作者と同じ言葉を思い浮かべることができたならば、
 「ああ、私と同じ考え方をする人が、この世にいるんだ。」
 と 素直に感動して、

 違う言葉が思い浮かんだら、
 「ああ、こんな考え方もあるんだ。」
 と 素直に感動していただければ、と思いますので。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次■
【1】「1000冊の本で幸せな成功をつかもう!」 8/21~26のダイジェスト
【2】今週のオススメ本
【3】今週の言葉
【4】相互紹介~オススメのメルマガ 
【5】編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】「1000冊の本で幸せな成功をつかもう!」 8/21~26のダイジェスト

 ●8月21日

  ◆【119冊目】わかった!運がよくなるコツ―ウソだと思ったら、ためしてみ
   よう
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4331509273/ronbook-22/
   自分のまわりに起こることは、良いことも悪いこともすべて自分が決めら
   れる・・・。
   わかりやすい文体とかわいいイラストで、人生を楽しく生きる方法が書か
   れています。 
   <オススメ度 ★★★★>


 ●8月23日

  ◆【120冊目】起業家に必要なたった一つの行動原則
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478731551/ronbook-22/
   事業の成否はそこに関わる人がどのような「思い」を持っているかで決ま
   る。
  「思い」の不思議さをいくつかの具体的な事業モデルをもとにして解明、検
   証を試みた本。
   <オススメ度 ★★★☆>


 ●8月24日

  ◆【121冊目】参謀学―戦略はいかにして創られるか
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4788796295/ronbook-22/
   いかなる企業環境下であっても、自己にとって満足できる仕事が長期にわ
   たってできるように 「参謀学」82ヶ条を紹介。
   中国の三国志時代、日本の戦国時代を中心に具体的な例が豊富で、また、
   10数冊からの兵法書からの引用も多く、歴史・兵法に興味のある人にとっ
   ては、ただなんとなく拾い読みしているだけでも、いろんな歴史上のエピ
   ソードにであえて、とても楽しい本。
   <オススメ度 ★★★☆>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】今週のオススメ本

 ◆ わかった!運がよくなるコツ―ウソだと思ったら、ためしてみよう
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4331509273/ronbook-22/

  浅見 帆帆子さんの2冊目の著書。

  自分のまわりに起こることは、良いことも悪いこともすべて自分が決められ
  る・・・。
  わかりやすい文体とかわいいイラストで、人生を楽しく生きる方法が書かれ
  ています。

  この本を読んで、ぜひ1冊目も読んでみたくなりました。


  自分の回りに起こることは、全部その人の精神レベルで決まる。
  運のいい人というのは、この精神レベルの高い人のことをさしていて、運がよ
  くなるためには、精神レベルを高くする必要がある。

  では、精神レベルを高くするには、どうしたらいいか?
  それは、心の中を いつも明るく楽しく維持して「プラスのパワー」をためる
  ことだと筆者は言っています。

  そして、精神レベルを上げて楽しく過ごしていくことを 人間らしいやっかい
  な問題が起こる日常生活で実践してこそ意味があると言います。

  日常生活で、「ささいなことにイライラしない」「笑顔であいさつする」など、
  ささやかなことを積み重ねていくことこそが、幸せになるために必要なことな
  んですね。
  なにも特別なことを実践する必要などないようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【3】今週の言葉

 『インターネットは読む場所ではなく、書く場所である。』
             橘川 幸夫 ~インターネットは儲からない p49


◆ 予想外に たくさん投稿をいただくことができました。
  ありがとうございます。
  まずは、いただいた投稿を紹介させていただきますね。

◆ ゆめさんからの投稿

  閲覧する場所ではなく
  情報発信する場所・・・
  でしょうか

 >橘川さんの言葉に近いとらえ方ですね。
  実は、私も同じ考えです。

◆ 有楽斎さんからの投稿

  は~い^^
  ネットは「サーフィン」するところではなく、「BLOG」するところである。

  次は「見学」するところではなく、「参加」するところである。

  お金の支払いをするところではなく、お金を生み出すところである。

  ぽっと考えてこんなイメージが湧きました^

----------------------------------

  もう一個思いつきました^^
  「見る」ことではなく、「踊る」ところである^^

  阿波踊り風です^^

 >有楽斎さんからは、たくさんのコメントをいただきました。
  ほんとうにありがとうございます。
  インターネットは、「見る」だけでなく、「踊らにゃ(参加せにゃ)」損、損!
  ってことですね。
  まったく、同感です。

◆ Eveさんからの投稿

  インターネットは
    心を閉ざす場所ではなく、
          心を広げる場所

  一人でパソコンに向かう姿って傍から見れば、正直滑稽です。
  だって、一人でキーボードをポチポチやっているわけで…。
  (と、いうのは私の偏見でしょうか…?)
  (かく言う私もパソコンに向かってキーボードポチポチやっている人ですが)

  ただ、インターネットというのはひとつの「世界」だと思います。
 「世界」の見聞を広めるという面では本と同様、魅力を感じるツールです。

  また匿名性の高い「世界」だからこそ、「文字」として書き残すことができる。
  たまに行き過ぎた「文字」の世界を見て見聞を広めるという危険性のある「世
界」であることも多少ありますが、
  井の中の蛙が大海を見るような、そんな「世界」に魅力を感じます。


  …乱文ながら失礼します。

 >広がった心が、互いに重なり合って、良い意味で、みんながつながっている・・
  そんな世界にインターネット世界が進化していったらいいなぁと私は思ってい
  ます。
  井の中の蛙、大海を知らずして、宇宙を知る・・・、そんな世界が、実現可能
  かも?って、考えています。

◆ インターネットにより、私たちは、容易に情報を得ることができるようにな
りました。
  これまでは、集めることにさえ苦労していた情報が、インターネットにより、
 逆に洪水のように押し寄せてくるようになったのです。
  山のような情報をふるいわけるとき、きっと、あなたは、考えたはずです。
  「本当に私が必要としている情報はなんなのだろうか?」
  「本当に私が知りたいことはなんなのか?」
   ・・・・・・と。

◆ また、一方で、インターネットにより、私たちは、簡単に情報を発信するこ
 ともできるようになりました。
  自身のHPを立ち上げようとしたとき、メルマガなどの情報を発信しようと
 したとき、きっと あなたは、考えたはずです。
  「私らしいHPは、どんなHPだろう?」
  「私が、本当に伝えたいことは、なんだろう?」
   ・・・・・・と。

◆ 今回、投稿いただいた方は、インターネットは、情報を受信するものではな
 く、情報を発信するもの と 考えておられるようです。
  そして、それは、これを読んでいる あなたも、きっと同じだと思います。
  当然、私も同じ考えです。

◆ そんな あなたは、きっと インターネットを前にして、こんなことを考えた
 ことがあると思います。
  「私のオリジナリティは、なんなのであろうか?」
  ・・・・・・と。

◆ 「私の知りたいこと、私の伝えたいこと、私のオリジナリティ、それは、なに
 なのか?」
 インターネットは、私たちに「私とは、何なのか?」ということを考えるきっか
 けを与えてくれました。

◆ 乱暴かもしれませんが、私は、「IT革命」とは、「本当の自分とはなんなの
か?」、「本来の自分の地点はどこだったのか」、そういった各人の本質を問う
側面を持っていたと思っています。

◆ 自分を知ることは、人が幸せをつかむための第一歩だと思います。
 そして、インターネットは、私たちに そのきっかけを与えてくれました。

◆ この世の中に起こることには、偶然はないと言います。
 今、このタイミングで、私たちの前に インターネットというツールが現れてき
 た現実に 私は、とても興味を持ちます。

◆ これからインターネットが、どのような進化をとげていくのか、私などには、
 想像もつきませんが、ドキドキ、ワクワク、希望を持ちながら、このツールに
 かかわって行きたいなぁと考えています。


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【4】相互紹介~オススメのメルマガ

◆相互広告募集!
  発行部数は問いません。当メルマガと相互広告をしたい方
  御連絡ください。
        ⇒ VZP04416@nifty.ne.jp

--------------------------------

◆当メルマガをお友達や周りの方々にご紹介ください

  このメルマガ面白いよって、下記のURLを添付するだけ。
  良いメルマガを紹介してくれてありがとう!って感謝されるかも。

  【これ、お勧め!メルマガ「1000冊の本で幸せな成功を・・・」】
  ⇒ http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=ronbook1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【5】編集後記

◆「1000冊の本で幸せな成功を・・・」第2号 いかがだったでしょうか?

 予定よりも、発行が少し遅れてしまいました。
 申し訳ありません。

 次回は、遅れないようにがんばります。

◆ メルマガの感想をいただけると とても嬉しいです。

  ⇒ VZP04416@nifty.ne.jp
  
 遅くなるかもしれませんが、必ずお返事させていただきます。
 それから、皆さんからの感想を このメルマガで取り上げさせていただきた
 いなぁと考えています。
 ですので、感想の末尾に掲載可・不可+実名可・匿名を明記頂けると とても
 ありがたいです。

◆ それでは、次回までの宿題。

 『●●は、私の本質である。
  ●●は、私を押し流す川だが、その川こそが私である。』

 ●●にどんな言葉が入ると思いますか?

 もしよければ、あなたの思いついた言葉をメール、または、「1000冊の
 本・・・」ウエブログにコメントしていただけませんか?

 次回のメルマガで、紹介させていただきますよ。

◆ メルマガ「1000冊の本で幸せな成功を・・・」第3号は、9月4日発行予定
 です。

------------------------------------------------------------------------

 Amazon.co.jp 今売れている本
 トップ100はこんな顔ぶれ。
 http://amazon.co.jp/o/redirect?tag=ronbook-22&path=tg/browse/-/497532

◆ 「ハリーポッター」の人気は、相変わらず すごいですね。
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/49115512517/ronbook-22/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ「1000冊の本で幸せな成功を・・・」
発行責任者: 流嶺
◆公式サイトはこちら 
        → http://ronbook.air-nifty.com/ronbook/
◆筆者の楽天フリマサイトはこちら
        → https://furima.rakuten.co.jp/booth/u/1781708/
◆メールアドレス: VZP04416@nifty.ne.jp
◆登録・解除はこちらから
     → http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=ronbook1
◆広告その他でご案内しているサービス・商品をご利用になられてのトラブル
 等について、当方では一切責任を負いかねますので予め御了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 登録解除はこちらから


購読
解除



 Macky ! : メールマガジン立ち読みスタンド

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.17

【117冊目】最新 これが売れてるホームページだ!―2000‐2001 売上高で見るホームページ

488135955X.jpg
最新 これが売れてるホームページだ!―2000‐2001 売上高で見るホームページ


インターネットサイトもしくは携帯電話サイトでどうすれば売上が上がるのか、を提示する本。

図書館で借りてきたのですが、少し内容が古かった・・・。

最近、アフリエイトに興味が出てきています。
関連する書籍を入手して、少々勉強してみようかと考えています。

アフリエイトに関して、何か良い情報があったら、是非教えてください。


オススメ度 ★★

| | Comments (1) | TrackBack (0)

【116冊目】脱サラ・独立成否のカギ―工学博士が書いたビジネスの極意

4835519167.jpg
脱サラ・独立成否のカギ―工学博士が書いたビジネスの極意

会社に勤務しながら数々の事業を成功させた著者の人生哲学。

脱サラ・独立系の本にしては、珍しく、独立に関して良いことばかり書いていない本。
具体的な失敗例がたくさん載っているので、起業に対して、成功の夢しかもっていない人には、一読の価値があるかも。

最終的に成功をつかむためには、小さな失敗を積み重ねていく必要があると思うのですが、夢見るばかりで、たいした準備もせずに起業して失敗してしまうと いきなり大きな失敗~レッドカード~をもらってしまい、即退場・復帰絶望になりかねないと思うのです。

オススメ度 ★★★☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.16

【115冊目】突破の科学―「ブレイクスルー」を使いこなす

4810424146.jpg
突破の科学―「ブレイクスルー」を使いこなす

ブレイクスルー思考とは、先例にとらわれず、直面する問題の最終的な解決方法を導き出す思考法

本書冒頭の「サマーズ改革物語」に感動してしまいました。

ブレイクスルー思考の根幹を成すのは7つの原則。
  1.ユニーク差の原則
  2.目的展開の原則
  3.先の先から見た「あるべき姿」の原則
  4.システムの原則
  5.目的適情報収集の原則
  6.参画・巻き込みの原則
  7.継続変革の原則

たとえば、第二の原則は、「問題解決の目的を知った上でしか解決策は得られない」というもの。
まず問題の目的を問い、その目的の目的を問う。
これを繰り返すことではじめて問題の全体像が把握でき、努力の方向性が見えてくる。
また、目的を実現不可能なレベルにまで展開し、目的を可能な限り高いレベルに引き上げることは、視野を広げることにつながる。

第二の原則だけみても、ブレイクスルー思考は、デカルト思想とは相対する考え方ということがわかります。

最近、このブレイクスルー思考という言葉をよく耳にしますが、成功をつかむためのツールとしては、要チェックの考え方ですね。

オススメ度 ★★★★

| | Comments (3) | TrackBack (1)

【114冊目】楽しく与え 豊かに受け取る

楽しく与え 豊かに受け取る

楽しく 豊かに 幸せに 生きるためのヒントが満載の本。

【宝地図】の望月先生にプレゼントしていただいた本です。
望月先生、素敵な本をありがとうございました。

「先人の知恵・体験が私達に生かされるのを待っている。」
この言葉に少し熱くなりました。
なんだかわからないけれど『やらねば』の思いで、心がいっぱいに。
なにを『やらねば』ならないのかよく分からないけれど、とにかく がんばるぞ~。

この『楽しく与え、豊かに受け取る』は、普段、手持ち近くに置いておいて、時々パラパラとめくっては、『気付き』を得る・・・・、そんな風に活用させていただこうかなぁと考えています。
なにせ ヒント満載ですから。

オススメ度 ★★★★

| | Comments (1) | TrackBack (0)

【113冊目】騙す!!

484630177X.jpg
騙す!!

悪徳商法の「騙し」のテクニックとその撃退方法が紹介されています。

「ネズミ講」、「霊感商法」、「マルチ商法」などと並んで「銀行」が紹介されているのがなんとも印象的。

悪徳商法は、もちろんいけないことなんだけれども、「ちゃんと説明したら到底売れそうもない商品」をテクニックとシステムで、それこそ社会問題になるほど売ってしまうのだから、悪徳商法の優れた点を上手く自分の商売に生かすことができたら、すごいメリットがありますよね。(もちろん 法に触れるようなことはダメですよ。絶対。)

そういう意味で、マーケティングで成功を得るためのヒントが満載の本だともいえます。

オススメ度 ★★★★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.14

メルマガを発行してみることにしました。

何事も経験が大切・・・ということで、メルマガを発行してみることにしました。
近日中に こちらに案内を出させていただきます。

購読者数があまりにも少ないと ちょっとさみしいので、読者登録に御協力のほど、お願いしますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

知識が智慧に変わるまで・・・

1000冊読破を目指す同志にめぐりあいました。

「知識が智慧に変わるまで・・・」の ゆめさん。

なんか 私 とってもうれしい!
がんばっていきましょうね!

>『1000冊を突破すると、新しい本を読む度に、あなたが蓄積してきた今までの知識と化学反応を起こすようになります。』という記事を読みました。

おおっ。
1000冊を突破すると化学反応がおこるのですか?!
はじめて知りました。

これまで、「なんで1000冊読もうと思ったの?」と聞かれても、「なんとなく・・・・。」としか答えられなかったのですが、これからは、この記事を参考に回答させていただこうと思います。^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【112冊目】図解 人生がうまくいく人は図で考える

4837920136.jpg
図解 人生がうまくいく人は図で考える

図で人生を考えると、思い通りの人生を生きるために「必要なこと」が見えてくる!

自己を中心に据えて、「仕事」「健康」「お金」「人間関係」を図にしてみよう。

「嫌なこと」「かかわりたくないもの」にばかり気や時間を取られている自分に気付けるかもしれません。
「幸せな成功」をつかむヒントに気付けるかもしれません。

オススメ度 ★★★★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【111冊目】お江戸の経済事情

4490204671.jpg
お江戸の経済事情

花のお江戸の経済事情を現代の目でながめた社会経済史。

米は年貢で取られてしまい、麦飯で生活している農民・・・・。
時代劇で、よくそんな場面見ますよね。

でも、実際、そんな感じだったらしいですね。
当時の日本人は、米食民族ではなく、米食悲願民族だったとの指摘もあるぐらいです。

そんな時代に お江戸の人々は、米をたらふく食べていたそうです。
それも死ぬほど・・・・。

当時の幕府財政は、年貢米に依存していました。
したがって、自給自足をしていない都市住民(お江戸の人々など)にお米を食べてもらい、現金化する必要があったのです。

ただし、精白米は、食べ過ぎるとビタミンB1が欠乏し脚気を発病してしまいます。
脚気は放置すれば死に至る病です。

当時には、そんな知識もあるはずもなく、お江戸では、脚気で亡くなっちゃう方、多かったみたいです。
たまたま、田舎に里帰りして麦飯を食べてなおっちゃった、というラッキーなかたもいたそうですが。


過去を振り返り、歴史に学ぶことは、成功するためには欠かせませんよね。
現代の経済を違った角度からとらえ、発想の転換をする。
お江戸には、そのためのヒントがたくさんあるように思います。

オススメ度 ★★★☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【110冊目】プロが教える! 売上が大幅アップするメールマガジンの法則

4839909229.jpg
プロが教える! 売上が大幅アップするメールマガジンの法則

メルマガをもっと良くする方法や、売れているメルマガの実例集など、ネット販売でメルマガを有効活用する方法が満載の本。

私も、メルマガ発行してみようかなぁ。
なにごとも経験だし。

オススメ度 ★★★★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【109冊目】海馬/脳は疲れない 

4255001545.jpg
海馬/脳は疲れない 

「よりよく生きる」ために頭をよくするという志の大きなメッセージが込められている本。

「30歳以降に、脳の能力は飛躍的に伸びる」との記述に 私はとても勇気付けられたなぁ。

脳は、ひとつのことを決めたがり、なおかつ安定化したがるものなのだそうです。

なにか解決したいことがあると 脳は記憶しているまったく関係のない情報同士をとっさに結びつけ、解決方法を導き出してくる。

一見、「まぁ、そんなもんなんだろうな、脳って・・・。」と軽く読みすごしてしまいそうな事柄なんですが、これはとてもすごいことです。

たとえば、あなたが、「私は○○○である。」と言ったとします。

「○○○」とは、あなたの「将来かくなりたいと思っている姿」で、現在のあなたとは、大きなギャップがあるものです。

それを「私は○○○である。」と言い切っちゃったとします。

すると脳は、混乱します。
あなたが、言い切った○○○と現在の姿とのギャップに 脳は困惑し、不安定化してしまいます。

この「不安定」に脳はたえられません。
脳は全力で、この「不安定」を解消するべく、○○○と現在の姿とのギャップを埋めるための方策を導き出しはじめます。
あなたが本当に○○○となることで、「安定化」しようとするのです。

どうです、すごいでしょ。

よく 夢を実現させるには、夢を言葉にすること、それを認識し続けることが大切ということを聞きます。
これは、脳学からみても的を射たことなんですね。

オススメ度 ★★★★☆

| | Comments (2) | TrackBack (0)

【108冊目】短くて説得力のある文章の書き方

4478702756.jpg
短くて説得力のある文章の書き方

右脳をフル回転させながら書くスピード、読むスピードをアップさせる方法を紹介。


参考になった言葉は

・文章は書きたいところから書く。話が前後してもOK。あえて整理しない。

・全てを書ききらないほうが伝わる。

・スピードを出して書いた文章はスピードを出して読んでもらえる。

・読んでわかるより、聞いてわかる文章のほうが読んでわかりやすい。

・言い切らない文章は誰も読まない。どうせ仮説なら正解なんてないから言い切ろう。

・ボキャブラリーが豊富とは簡単な言葉をどれだけ使いこなせるか。

・文章の最後は「具体的な行動」に結びつくことを書く。


メルマガ発行者には、すごく参考になる本かなぁと思います。

私の思い、あなたに ちゃんと伝えたいし、わかってもらいたいですものね。
「ちゃんと伝える」は、成功に不可欠ですし
「わかってもらう」は、幸せに不可欠です。

オススメ度 ★★★★


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.13

【107冊目】図解ダイレクト・マーケティング

4492089489.jpg
図解ダイレクト・マーケティング

激変するダイレクト・マーケティング市場の現状と未来を把握し、同時にどうすれば成功するのかを追求した本。

今の社会で成功を得ようとするならば、ダイレクト・マーケティングについて知っておく必要があるかなぁと思い、本書を読んでみましたが、う~ん ちょっとデーターや内容が古いかなぁ。

オススメ度 ★★☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【106冊目】哲学ってなに?

哲学ってなに?

「私はなぜこの世に生まれ、そしてなぜ死んでいくのか。死んだらどこへ行ってしまうのか。自分は一体どう生きていったらいいのか…」

永遠のテーマをやさしく解き明かす本。


人は漠然とした不安や悩みを抱かえる瞬間、「孤独感」を感じます。

では、その漠然とした不安や悩みの正体は何なのでしょうか?

人間は、創造主によって、考える力を与えられました。
言葉を操ることで、文明を発展させてきました。

同時に 生と死を客観的に見る能力を得ました。
そしてそれは、自分と世界、自と他との分離を発生させました。

孤独とは、自と他の分離です。
「孤独感」とは、自分の中で起こった自と他の分離です。
そして、その自と他の分離が、漠然とした不安の本質的な正体なのです。

現代では、携帯やITの発達で、他との連絡は非常に容易になりました。
他とのつながりが容易になったともいえるかもしれません。

でも、現代において、「孤独感」が弱まってきたかといえば、そうはいえないと思います。
逆に強くなってきているのではないでしょうか。

それは、自と他の分離の回避を 携帯やITなどのツールにたより、より多くの他とのつながりを求め続けた結果、他の情報の海に自が埋もれてしまい、自そのものが薄れてきてしまっているためだと思います。

そして、薄れてしまった自の不安を解消するために また、新たな他とのつながりを求め、結果、自がさらに薄まっていく悪循環。
現代に生きる人の悲しさ、業がそこにあるように思えます。

一度、自を振り返ってみて、自の生について考えてみませんか。


オススメ度 ★★★

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.08.12

【105冊目】「可能思考」で生きぬけ―自分の価値を高めて生きる

「可能思考」で生きぬけ―自分の価値を高めて生きる

寿司屋見習いから出発し、和食チェーンから教育事業へと幅広い展開を続ける異色起業家の実践的成功哲学。

本書中に紹介されている後藤静香氏の詩がこの本の全てを語っていると思います。

「本気ですれば、たいていの事はできる。
 本気ですれば、何でも面白い。
 本気でしているとだれかが助けてくれる。
 人間を幸福にするために本気で働いている者は
 みんな幸福で
 みんなえらい                     」


本気で生きれば、かならず壁や障害が現れてきます。

そのとき、
その壁は必ず乗り越えられると信じることができますか?
その障害は、必ず突破できるということを信じることができますか?

かならずできると信じて生きていくこと、それが「可能思考」です。

だから、「可能思考」で、
自分の可能性を信じよう!
自分の存在価値を認めよう!

そうすることで、今、自分の目の前に立ちはだかっている壁や障害の向こう側
そこに広がる大きなチャンス見えてくるはずです。

オススメ度 ★★★☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.11

【104冊目】モノが売れない時代のバカ売れ心理学

4344900197.jpg
モノが売れない時代のバカ売れ心理学

本書は、精神医学や心理学の立場から書かれた、モノが売れない時代にモノを売るための処方箋。

世の中の人は、大きく「メランコ人間」と「シゾフレ人間」にわけられるそうです。

「メランコ人間」は、あまり周囲に流されないパーソナリティで、自分にこだわる性質。
「シゾフレ人間」は、なんでも周囲にあわそうとするパーソナリティで、外部の世界にこだわる性質。

例えて言うなら、「メランコ人間」は、「赤信号みんなで渡ればこわくない。」的人間で、
「シゾフレ人間」は、「青信号でも赤信号でも、みんなが渡るから私もわたる。」的人間。

とちらも「みんな」がいくから「赤信号」を渡っちゃうのですが、「メランコ人間」は、「赤信号を渡ることは悪いこと」と認識しつつも、「みんな」が行くから「渡って」しまうのに対し、「シゾフレ人間」は、善悪の判断などなく、とにかく「みんな」が行くから、「渡って」しまう というところに大きな違いがあります。 

だから、「シゾフレ人間」は、神様に弱く、自信満々に振るまい、ガンガン自分たちを引っ張っていってくれる人にとにかく ついていく傾向があります。
ですので、全能の神様が次から次へと商品を天からばら撒けば、「シゾフレ人間」は信者のようにわれもわれもと買い求めるようになってしまいます。

筆者は、最近の若者たちの多くは、この「シゾフレ人間」であるといいます。
だから、今の時代にモノを売るためには、「シゾフレ人間」にモノを売ることを念頭に置くことが必要で、そのためには、
・コンテンツより仕掛け方に力を注ぐ
・ヒットを出したなら「神様」になって堂々とふるまう
ことが、大切だと言っています。

つんく♂や、小室哲哉の実例を読みながら、なるほどと頷いてしまいました。

今の時代にモノを売ることを考えるとき、こういう時勢のとらえ方もあるのか と非常に参考になる本です。
一読の価値はあるかも。

オススメ度 ★★★★☆

| | Comments (1) | TrackBack (2)

【103冊目】実践的オンラインマネー獲得法

4884970942.jpg
実践的オンラインマネー獲得法

「実践億万長者入門」の作家ロバート・アレンが、インターネットをフルに活用して金を稼ぐサイト作りを実際の成功例で具体的かつ丁寧に教える本。

とても具体的な良い本なのですが、もともとがアメリカの本なので、本書のなかで紹介されているサービスが、日本では利用できないものがあります。レンタル・メール・リスト サービスなんて、オンラインマネーを獲得しようとしている者からみれば、便利この上ないサービスですよね。さすが、アメリカ!(かってに このサービスは日本にないと決め付けていますが・・・・・。ない・・・ですよね このサービス。日本には・・・・。たぶん・・・。)

「インターネットでお金を稼ぐこと」を目指している方には、とにかく参考になる1冊だと思います。
訳者もあとがきに書いていますが、とにかく「えげつない」くらいに。

オススメ度 ★★★★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.10

【102冊目】使えば儲かる!「売れるコトバ」と「買わせるセリフ」

4495557319.jpg
使えば儲かる!「売れるコトバ」と「買わせるセリフ」


「安さを引き立てて売れるコトバ37」「行きやすさ・入りやすさで売れるコトバ28」「大衆心理で売れるコトバ22」などをはじめ、テーマごとに8つのジャンルに分け、顧客の心理を突いた「売れるコトバ」を紹介。

たくさんの「売れるコトバ」が紹介されていますが、以下は、私のお気に入り。

・「覚悟を決めたセールスです。返品はご容赦ください!」
  →なんか ほんとに腹を決めたロープライスでの販売に感じてしまいます。
   ことらも、覚悟を決めて「買わなきゃ!」と思ってしまいます。

・「社長、ゴメンナサイ。やってしまいました。」
  →ほほえましくって いい感じです。
   
・「まずい!売れたらもう仕入れない。」
  →チョコレートにつけられたPOP。
    こう書かれると ほんとに「まずい」の?と思って、思わず買っちゃいそうです。
   高価なものならともかく、チョコレート程度のものなら、特に。

・「製造から一年。はやくお嫁にもらってほしくて!」
  →仏壇のPOP。
   こう言われちゃ、お年頃のお孫さんや娘さんをもたれる方は、思わず この仏壇を選んでしまいますよね。

たまたまなのかもしれないけれど、本書で紹介されている「売れるコトバ」のなかで、「これはいい!」と感じるのは、仏壇店のものが多かったです。
なんでだろ?

オススメ度 ★★★

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.08.07

【101冊目】 冒険の作法

4479790969.jpg
冒険の作法

ワクワク系マーケティング小阪裕司氏の「作法3部作」の第2弾。

冒険とは、「それまでの日常が変わっていくこと」
それは、日常の“破れ”から始まり、冒険者たちに次々と「試練」を与える。
そして、その「試練」を乗りきったとき、冒険者たちは、最高の自分~ヒーロー~になることができる。
あなたが、いてくれて本当に良かったという人間にとって最高の賛辞を得ることができる。

そう、人は、最高の自分~ヒーロー~に 生きながら生まれ変わるために 冒険に出るのです。

冒険を経て、
ヒーローとなり、
自分の人生の経営者になり、
世界に活力を与える者になる。


私も、冒険に出たくなってきました。

オススメ度 ★★★★☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【100冊目】 すべては捨てることからはじまる

4896100549.jpg
すべては捨てることからはじまる

自分らしく鮮明に輝いて、自分の人生を生きていく方法を説いた本。

自分らしく生きるために大切なことは
・嫌なやつとは付き合わない。
・おべんちゃらはいわない。
・自分でリスクをとる。

この3つを守って、あとは好きなようにやればいい。

オススメ度 ★★★☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本とは・・・。

私にとって、本とは「出会い」です。

ですので、楽しいこともあれば、哀しいこともあります。
癒されることもありますが、逆に傷つけられてしまうこともあります。

ですが、いろんな人の生き方や考え方にたくさん触れることができます。

とても楽しくて、便利なツールです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.08.06

【99冊目】キャバクラの投資学

4871909085.jpg
キャバクラの投資学

「キャバクラの・・・・」シリーズの第4弾。
キャバクラ通いをする人を「キャバクラ投資家」と名付け、キャバクラは投資対象になりうるか?を考察。
ま・・・、結論は、あなたの想像するとおり、分かりきってはいるんですけどね・・・・・。

「ゾウの時間、お客の時間、キャストの時間」には、苦笑しました。
「時間の流れが5分の1か5倍かは、キャストの都合に合わせて変わる。」
この一文は、妙に説得力がありました。

先回読んだ「キャバクラ」の心理学よりは、読んでいて「ワクワク感」が小さかったかなぁ。

オススメ度 ★★★

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.08.05

【98冊目】プチ哲学

483871226X.jpg
プチ哲学

「だんご三兄弟」、「ポリンキー」「スコーン」の佐藤雅彦さんの著書。

ちょっとだけ深く考えてみる、それがプチ哲学。
そんなプチ哲学のテーマが31ヶつまった本です。

二匹の小魚―「不変」ということ では、幸せの形について考えさせられました。
魔法の杖―「結果と過程」では、自分の究極の夢って結局なんなのだろうと唸ってしまいました。
寿命は60m―「価値の計り方」について では、ああそうか!と頷いてしまいました。

佐藤さんのかわいいイラストと「言われて、なるほど!」が満載の一冊です。

オススメ度 ★★★★☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.04

【97冊目】人生の贈り物

4594031781.jpg

人生の贈り物

「チーズはどこに消えた?」の著者スペンサー・ジョンソンさんの著書。

「それをもらった人は、ずっといつまでも幸せでいられるんだよ。」
老人から、そんな不思議な「かけがえのないプレゼント」の話を聞いた少年は、
その「かけがえのないプレゼント」を探しに旅に出ます。
長い旅の結果、ついにその少年が手に入れた「かけがえのないプレゼント」とは?

少年が、「かけがえのないプレゼント」を本当に自分のものにできたとき、私も少し
心が暖かくなりました。

「チーズはどこに消えた?」同様に薄い本ですが、人生の根源的な問題がテーマとな
った、結構おもい本です。

夢をなくしそうになっているとき、読むといいかも。


オススメ度 ★★★★☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.03

旗を掲げよ!

望月先生の このコメントを見て、なんだか心が熱くなってきました。
なんだか、もやもやしていたものが吹っ切れたような感じです。

>世界中であなたを探している人がいます。でもほとんどの人が見つけられずにいます。
>何よりもあなたが何者なのか、何をしたいのか、それを示しましょう。世界があなたを待っています。

よ~し。がんばるぞぉ~!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.08.02

【96冊目】ロバート・アレンの実践億万長者入門

4894511258.jpg
ロバート・アレンの実践億万長者入門

お金儲けのノウハウが詰まった本です。
前半の不動産や株式の章は、あまりなじみがないためか、あまりピン
とこなかったですが、後半の情報ビジネス、インターネットの章は結構
得るところが多かったです。

少し落ち着いてから再読しようかと思っています。


オススメ度 ★★★★☆

| | Comments (0) | TrackBack (2)

【95冊目】販売の科学

販売の科学

オススメ度 ★★★☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【94冊目】当たるチラシとDMのつくり方

4820714643.jpg
当たるチラシとDMのつくり方

チラシ作りのポイントは、「ハッキリ、ビックリ、ガックリ」。

オススメ度 ★★★★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【93冊目】プラス思考だけじゃダメなんだ!

47631925749.jpg
プラス思考だけじゃダメなんだ!

人の脳の中には、人が生きていることの「快感」を感じる「報酬系」神経領域、生き
ていることの「不快」を感じる「罰系」神経領域があるそうです。
報酬系が刺激されると身体は元気になるのだから、報酬系を刺激するためになんでも
プラス思考すればいいんじゃないか・・・・ということで、ちまたでは、なんでもプ
ラス思考で考えてしまおうとする風潮がありますが、筆者は、世の中がちょっと疲れ
気味になっているこんな時代には、それだけでは乗り切れないと言います。
今、一番大切なのは「弱い自分を認める」こと。
一見マイナスに見えるこの考え方も、実は報酬系を刺激する方法のひとつで、かつ最
も重要な方法なのだそうです。
この本には、罰系を押さえ、報酬系を刺激する考え方が分かりやすく書かれていま
す。
最近がんばりすぎてるかなぁと思う人は、疲れ切ってしまう前に一度本書を読んでお
いたほうがいいかも。


オススメ度 ★★★★☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【92冊目】 シフトシンキング

シフトシンキング

望み通りの自分になるためのヒントがたくさん詰まった本です。
「何を言われ、何をされようとも、私が価値ある存在であることには変わりはな
い。」
私的には、この一文に出会えただけでも、この本を読んだ価値は十分にありました。


オススメ度 ★★★★☆

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.08.01

7月は37冊

7月1日~今日まで読んだ本の冊数
合計・・・37冊。
6月7日からの総数・・・91冊。
中国出張中にあまり読まなかった影響で、先月よりも読む冊数が減ってしまいました。
来月は、も少しがんばろう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »