« 吉川三国志 | Main | 今から作家! »

2004.01.06

「気のきいた人」と言われるヒント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       人はプラスαに期待し、その実現に感激する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 今日の一冊 :「気のきいた人」と言われるヒント
        清水 省三 (著)

        -----------------------------------------------
        単行本(ソフトカバー): 221 p ; サイズ(cm): 182 x 128
        出版社: PHP研究所
        ISBN: 4569600999 ; (1998/04)
        価格: ¥1238
        -----------------------------------------------

**************************************************************************
<この本に問うた質問>
     気のきいた人といわれるにはどうしたらいい?
**************************************************************************
<この本が語ってくれた答>
*気のきいた仕事をする基礎
    ・人はプラスαに期待し、その実現に感激する。
        微差は大差。
        小さなプラスを追求する。
    ・企業は、あなたに3つの鉄則を期待している。
       1.品質
         どのような仕事も良質、完全なものでなければならない。
          → 担当する仕事は、プロとしての技術や専門知識を身に
     つけておく
          → 依頼事項は、正確に受けて、忠実に実行する。
       2.納期
         納期の過ぎた仕事は無価値。
         時は金なり。
       3.コスト
         無駄は誰も得しない。
         だから無駄があってはならない。
         小さな費用で、大きな効果が得られるようにする。
    ・3つの鉄則の実践が、信頼を勝ち取る。
         とにかく、仕事にうちこむ。
         グループには、グループの、個人には、個人の役割があり、
         その役割の遂行があなたの最大の課題である。

*ほうれんそうのプラスα
    ・情報伝達は、とても効用があることを知る。
       情報とは、相手の特定の目的に役立つ知識のこと。
    ・報告
       変化があったり、異常事態が発生したときにはかならず報告す
   る。
       報告時は、まず結果・結論を先に言い、次に内容、経過を言
う。
       良い報告の受け方は、ねぎらいの言葉をかけること。
       本気で聞き、事実を聞き取ること。
         →あいまいな報告は、5W3Hで聞き出すこと。

    ・連絡
       些細なことでも、正確に連絡する。
       メモにとることが、連絡の受け方としてはベスト。
    ・相談
       相談は、相手を見て。
       相談されたら、他言無用。

*コミュニケーションのプラスα
    ・人間関係は、まず挨拶から。
    ・聞き手を考えれば上手に話せる。
        話の決定権は、聞き手にある。
        ポイントは、復唱、質問、念押し。
    ・コミュニケーションの基礎は説明。
        説明は、日頃からよく考えていないとできない。
    ・会議の発言は、主役意識を持っておこなう。

*ビジネスマナーのプラスα
    ・ポイントは、表情、姿勢、動作、装い。
        人間は、視覚の動物。好感を与える行動や、態度をとる。
    ・おじぎは作法の原点
    ・表現は、肯定的に、明るく。敬語は正しく使う。
    ・ルールとマナーを守る。
       職業人としてはずしてはならないポイント
        1.役割遂行の強い意志と能力
        2.職場の人間関係作りと維持
        3.ルールマナーの尊守

*気のきいた人といわれるためのプラスα
    ・良い言動、行動は、良い気にある。
        気を利かせて、相手の心を快にする。
    ・知は力。
        気の利いた仕事は、知識の上に成り立つ。
    ・場と自分の立場を考えて行動する。
    ・自分の売りものを持つ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 渡辺さんのひとりごと
 
  私の仕事仲間A君は「本当にこいつは気が利くなあ。」と思える人です。
  「よくもまあ、そんなところまで気が回るものだ。」と毎度感心させられる
  のですが、「そんなところ」とは、実は「ちょっとしたこと」であることが
  多いのです。
  「ちょっとしたこと」に気がつき、それを実行することができるか、これは、
  「気が利く人」と思われるためには、とても大切なことです。

  でも、「気が利く人」と思われるには、「ちょっとしたこと」に気がつき、そ
  れを実行しているだけでは、ダメなのです。

  私の仕事仲間B君は、「ちょっとしたこと」によく気がつき、それを実行して
  くれます。だけど「気が利く人」とは到底思えません。
  反対に「そんなことはいいから、もっと仕事しろよ・・・・。」とさえ思って
  しまうことがあります。
  B君は、「ちょっとしたことによく気がつき、それを実行する・・・」だけな
  のです。それが全てなのです。

  A君は、専門的な能力を持っています。その専門の能力を発揮しているだけで
  も十分会社に貢献しているといえます。
  そんなA君が、専門能力を発揮しつつも、「ちょっとしたこと」に気がつき、
それを実行するのです。
  そんなプラスα的な姿に「こいつは気が利く人だ」と感銘してしまうのです。

  つまり、「気が利く人」と思われるためには、まず本体がしっかりしていな
ければならないのです。本体が十分な魅力や能力を備えている必要があるので
す。
  さもなければ、人は、その人に対してプラスαを感じることはありません。

  人は、プラスαに感激します。
  そして、そのプラスαに対して、「気が利く」との感想を持つのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼この本が読みたくなったら
・アマゾン http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569600999/ronbook-22 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

|

« 吉川三国志 | Main | 今から作家! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「気のきいた人」と言われるヒント:

« 吉川三国志 | Main | 今から作家! »