Main | 素直でいこう »

2003.12.29

「できる人」はどこがちがうのか

今日の一冊: 「できる人」はどこがちがうのか

斎藤 孝 (著)

  -----------------------------------------------
新書: 218 p ; サイズ(cm): 18
出版社: 筑摩書房
ISBN: 4480059040 ; (2001/07)
価格: ¥700
-----------------------------------------------


**************************************************************************
<この本への質問>
上達の秘訣は?
**************************************************************************
<この本からの回答>
  本書でいう「上達の秘訣」とは、特定のジャンルにおける上達ということではなく、ある領域での上達の体験が核となって、他のジャンルの事柄にチャレンジしたときにも、その上達の体験を生かすことができる力のことをいう。

  この上達を根底からささえるものが「あこがれ」。
  「あこがれ」が、根底にあれば、上達の意欲は湧き続けるし、また、この「あこがれ」のスケールの大きさが、器の大きさだともいえる。

  そして、「あこがれ」を通して、3つの基礎力(技や方法を盗む力、段取り力、コメント力)を鍛え、それを活かす練習を積み重ねていく。すると この3つの基礎力自体が技として磨かれてくる。

  こうなってくると やっていることが様々なジャンルに分かれていても、そこにある一貫したスタイルというものが感じられてくる。自分のスタイルというものをもつことができるようになってくる。

  自分のスタイルを持つということは、非常に大きな喜びである。
  自分のトータルなスタイルを表現できることによって、自分の存在感を十分に感じることができる。

  自分の得意技を自分で認識し、それをトータルにコーディネートしていく。その原理、工夫をささえるのがスタイルである。

 「上達の秘訣」とは、スタイルに対する意識を育てることである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 渡辺さんのひとりごと
 
   ・・・・で、あなたは、何を上達したいの?

  そう問われて、考え込んでしまった。

  あれ? 上達したいのものなんて、あったっけ?
 
  そういえば、「あこがれ」なんて感情、ここんとこ持ったことなかった。

  年をとるにつれて、誰かに「あこがれる」よりも、
  誰かを「うらやむ」ことのほうが多くなった。

  子供のころ、野球が好きで、プロ野球の選手が「あこがれ」だった。
  夢はいつか叶えられると信じていた。
  あのころの純粋な気持ち、どこに忘れてきたのだろう。

  あなたは、何か上達したいもの、ありますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼この本が読みたくなったら
・アマゾン http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480059040/ronbook-22
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

|

Main | 素直でいこう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「できる人」はどこがちがうのか:

» 渡辺さんのおすすめ本: 「できる人」はどこがちがうのか [うすかげよういちろうの書評blog]
渡辺さんのおすすめ本: 「できる人」はどこがちがうのか 書評の構成がすばらしいですね。 斎藤 孝氏の本はまだ読んだことがありませんが、名前はいつも見かけています... [Read More]

Tracked on 2003.12.30 06:52 AM

Main | 素直でいこう »